わきがの超音波治療法

わきがの超音波治療法についてご紹介します。超音波治療法は多汗症治療に使用されるだけでなくワキガ手術としても最近では多く行われるようになってきました。超音波治療法とは、その言葉のごとく超音波によってわきの下の汗腺であるアポクリン腺たエクリン腺、皮脂腺などを破砕または除去するといった方法です。わきの下の多汗症が気になるという方にとっては効果的な手術法だといわれています。

 

ただし、わきの下の多汗症以外は手術を行えないため効果がないので注意しておきましょう。それでは超音波治療法の手術法とはどのように行われるのでしょうか。まずは、 わきの下の皮膚を数ミリほど小さく切開します。そして、超音波発生器を挿入していきます。それから超音波を発生させていき汗腺類を破壊または吸引をおこないます。最後に手術痕を1針ほど縫合していきます。

 

超音波治療法はこのような手順で行われていきます。個人差はありますが、だいたい30分程度で手術は終わります。超音波治療法のメリットについてですが、従来のわきが手術と比べてみると効果が高くて再発の可能性が低いとされています。また肉体的な負担が少なくてすみますし安全性も高いです。切開する部分が小さいので手術痕が目立たなくてすみます。

TOPへ