交感神経切除手術について

交感神経切除手術についてご紹介したいと思います。多汗症手術で、特に手のひらの多汗症治療として多く行われているのが交感神経切除手術です。詳しく言うと腔鏡下胸部交感神経切除術・交感神経遮断手術・ETSといいます。多汗症の大きな原因は自律神経のうち交感神経が優位になってしまったためだと考えられています。そのための交感神経を取り除いて多汗症を完治させようという手術法です。

 

交感神経切除の手術法は、まず全身麻酔を行います。そしてわきの下に数ミリ程の穴を開けます。胸腔鏡(スコープ)を挿入して胸部交感神経を切除していきます。縫合はしない場合が多いといわれています。病院によって多少は違いますが、基本的にはつぎのような流れで行われます。手術時間は約20〜30分程度です。そして入院の必要もありませんが場合によっては入院が必要な場合もあります。

 

交感神経切除手術は、基本的には手のひらの多汗症を改善・解消させるもので、足の裏の多汗症の場合は、腰椎の交感神経を切除する手術が行われています。交感神経切除手術のメリットは手のひらの多汗症を完治することが期待できる、手術痕はほとんど目立たない、体への負担が少ない、手術時間が短い(約20〜30分)、基本的には入院の必要がないという点です。

 

反対に交感神経切除手術のデメリットは、代償性発汗が起こる可能性があるという点と切除した交感神経は戻らない、乾き過ぎた手になってしまったり、ひび割れることもある。頭痛や喉の渇き、手術した後には痛みが多少あるという点です。交感神経切除手術は、手のひらの多汗症にはとても効果的だとされていますが、わきの下・顔の多汗症の場合には効果が低かったり、または、まったくないこともあるようです。

TOPへ