ボトックスで多汗症治療

多汗症治療にはボトックス注射が有効だとされていますが、メリットもあればもちろんデメリットもあります。ボトックス注入(ボトックス注射)のデメリットは次のような点があげられます。それあボトックス注入の効果には個人差があるという点です。また、効果持続期間は数ヶ月〜長くても1年という点です。

 

そしてボトックス注入をしたとしても多汗症が完治するわけではありません。ボトックス注入は汗腺を取り除くわけではありません。汗腺の活動を一時的に抑えるだけとなります。多汗症にしろワキガにしろ完治するわけではないということなのです。その効果には個人差もあります。そして効果は長くても1年ほどだといわれています。

 

ボトックス注入は、ワキガよりも多汗症により効果的だとされています)。ボトックス注入(ボトックス注射)を行っている方は手術に不安がある方や一時的に汗の分泌量を抑えたい方(結婚式などのイベントなど)などがあげられます。ボトックス注入(注射)は、筋緊張生萎縮や顔面痙攣などの治療のほか、美容外科ではシワ取りなどにも使われています。

TOPへ