多汗症治療とボトックス注入

多汗症治療として効果的だといわれているボトックス注射があります。このボトックス注入とは、筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌(医薬品)という薬を使用します。そして、交感神経をブロックしていき、アポクリン腺やエクリン腺などの汗腺の働きを一時的に抑えるといった多汗症治療法です。

 

ボトックス注入は、汗腺の働きを一時的に抑えることができるため、多汗症治療だけでなくて、わきがの治療としても行われています。ボトックス注入(ボトックス注射)の治療法としては、わきの下の数箇所にボトックスを注入する、手術時間は約10〜20分程度かかるという点が特徴です。それでは、ボトックス注入(ボトックス注射)のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ボトックス注入のメリットは、手術ではないため比較的、手軽に出来る、治療痕がほとんど残らない
、治療時間が短い、手術中や、術後の痛みがほとんどないなどです。ボトックスの注入は自律神経のうち、交感神経のブロックをすることによって多汗症の大きな原因といわれている精神性発汗にはとても効果的だといわれています。

TOPへ