多汗症治療と手術方法例

多汗症治療には、効果的といわれているボトックス注射があります。このボトックス注入とは、筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌(医薬品)という薬を使いながら、交感神経をブロックしていき汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)の働きを一時的に抑えるといった多汗症治療法のことです。他にも交感神経切除手術というものがあります。

 

多汗症手術においては、特に手のひらの多汗症治療として多く行われているのが交感神経切除手術(腔鏡下胸部交感神経切除術・交感神経遮断手術・ETS)です。多汗症の大きな原因としては、自律神経のうち交感神経が優位になってしまうためだと考えられています。そのため、その交感神経を取り除いて多汗症を完治させようという手術法なのです。

 

次に超音波治療法についてですが、多汗症治療だけでなくて、ワキガ手術としても最近では多く行われるようになってきた方法が超音波治療法です。超音波治療法は超音波によって、わきの下にある汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)・皮脂腺を破砕・除去していきますので、わきの下の多汗症が気になる方には効果的な手術法だといわれています。

TOPへ