制汗剤と精神性発汗

最近ではデオドラント成分が配合されている制汗剤も販売されています。そのため、汗と共にニオイが気になる場合はこれらの製品を利用すると良いでしょう。けれども本来は、肌表面の常在菌は雑菌の増殖を防いでくれたり、私たちの肌(皮膚)をさまざまな外敵から保護してくれています。そのため、デオドラント剤を使用しすぎには注意しましょう。

 

デオドラント剤は使いすぎてしまい、これらの常在菌が減少してしまうと、逆に雑菌が増殖してしまい、肌(皮膚)が荒れてしまったり、さまざまな症状として現れてしまいます。そのため注意が必要です。デオドラント成分が配合されている制汗剤を使用するときは特に使用法を守るようにして、なるべく過剰に使用するのは控えましょう。

 

制汗剤は精神性発汗にも効果的なのでしょうか?多汗症は精神性発汗が大きな原因だといわれています。そのため、これらの制汗剤を利用していけば、「汗が止まる」と思い込んでしまい、制汗剤の効果以上により効果的になる場合もあります。そういったことから制汗剤を使用する場合には「これで汗の心配はない」と思いながら使ってみれば良いでしょう。

 

これは、いずれにしても一時的に汗の分泌を抑制したり、ニオイを抑えるためのものになります。そのため、多汗症やワキガが完治するわけではないことを理解しておきましょう。そして使用するときは使用法を守っておいて、肌に合わなかった場合には使用を中止するようにしましょう。トラブルがある場合には皮膚科などの専門医に相談したほうがよいでしょう。

TOPへ