食生活の改善で多汗症対策

多汗症対策には食生活の改善も大切なことだといえます。多汗症は、精神的なストレスや緊張、不安などだけが問題となるわけではありません。たとえば、食事をしたときに過剰に発汗する場合もあります。そのため、食生活の改善をおこない、ある程度は多汗症の予防することができる場合もあります。食生活を改善して多汗症対策は次ような点があげられます。

 

例えば辛いものや、香辛料の過剰摂取を控えるようにする、動物性脂肪の多い肉類の過剰摂取を控えるようにする、暑いからといって冷たいものばかりを摂らないようにする、食事を楽しむようにする。などです。辛いものを食べれば汗が出てくるのは誰にでも起こる現象だと思います。これは味覚性発汗と呼ばれているものです。それが過剰な場合には多汗症のうちの味覚性多汗症である可能性が出てきます。

 

また肉類の場合は、体熱を上昇させますので汗をかきやすくなってしまいます。エクリン腺からの汗だけでなく皮脂腺から皮脂の分泌も促してしまいニオイまでも発生しやすくなってしまいます。そのため体臭が気になる方やワキガが気になる方は注意が必要だといえます。他にも「この食べ物を食べると汗をかく」と思い込んでいたり、辛いものを食べるときには「汗をかいたらどうしよう」と思ったりすると、それが緊張や不安となってしまい精神性発汗へと繋がってしまいます。さらに発汗が促されますので気をつけたほうがよいでしょう。

TOPへ