多汗症と生活習慣の関係

タバコに含まれているニコチンやコーヒーに含まれているカフェインなどが多汗症の原因になっている場合もあります。たばこに含まれているニコチンや、コーヒーやお茶などに含まれているカフェインには、自律神経のうち汗腺の働きを活発にして交感神経を刺激する“中枢神経興奮剤”といった物質が含まれています。そのため、これらを過剰摂取してしまうとと汗が出やすくなることもあるそうです。

 

また薬にも中枢神経興奮剤が含有されているものもあります。もしも、服用している薬があれば医師や薬剤師に聞いてみるとよいでしょう。また肥満の場合にも多汗症の疑いがある場合があります。肥満が直に多汗症の原因というわけではありません。肥満の人はいくつかの理由によって汗をかきやすいので、肥満の人に多汗症の人が多いと思われているそうです。

 

肥満の人が汗をかきやすい理由としては、まずは脂肪(皮下脂肪)が厚いため体熱が放出しづらいという点です。汗をかいて体温調節をしている、そして運動不足のことが多いため少し動いただけでも汗をかいてしまうこともあります。このように肥満の人が汗をかきやすいのは体温調節や生理的現象となりますので、病気でもなければ多汗症でもないとされています。

TOPへ