多汗症とホルモンバランスの崩れ

多汗症の原因のなかにはホルモンバランスの崩れなどもあげられます。ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部という部分は、自律神経をコントロールしている器官でもあります。そのため、ホルモンバランスが崩れてしまうと自律神経のバランスも崩れてしまい体温調節機能が低下してしまうので多汗症となってしまうのです。

 

特に生理や妊娠・更年期など、ホルモンバランスの影響を受けやすい女性の場合には、このタイプの多汗症は多いようです。更年期になると、プロゲステロン(黄体ホルモン)・エストロゲンといった女性ホルモンの分泌量が減ってしまいそのためホルモンバランスが崩れてしまいます。自律神経のうち交感神経が優位になりますので、体温調節の機能が低下していくため多汗症の症状が現れるということなのです。

 

更年期が原因となり、多汗症がでてしまう人の特徴についてですが、たとえば・上半身(顔、首筋、胸)に汗をかきやすい、寝汗が多い、ベタベタした汗をかきやすい、冷え性を伴っている、ほてり、ホットフラッシュ(のぼせ)を伴うことがある、という特徴があげられます。更年期が原因となり多汗症になっている場合には婦人科を受診したほうがよいでしょう。

TOPへ