多汗症の原因となる隠れた病気

多汗症の原因がなんらかの病気や疾患であることも考えられます。具体的にいうと中枢神経系の異常や循環器疾患、また内分泌異常や代謝異常などから多汗症になることもあります。病気や疾患が原因となってしまいおこる多汗症は局所的に起こることは少ないです。全身的に起こることが多いため全身性多汗症に区別されることになります。

 

多汗症の原因となることのある病気や疾患は、甲状腺機能亢進症(バセドー病)や褐色細胞腫、末端肥大症、急性リウマチ、生殖器障害、糖尿病、結核などがあげられます。 ある日、突然として汗の分泌量が増えたり、汗をかきやすくなったような場合は病気や疾患が原因の場合もあります。そのため、早めに健康診断や人間ドッグ、または内科などで診察を受けたほうがよいでしょう。

 

もし病気や疾患が原因となり多汗症になっている場合には、まずはその原因となる疾患を治療することが最優先となります。なんだか、最近からだの調子がおかしいなと感じたら、素人判断をしないで専門の医師に診てもらったほうがよいでしょう。早めにわかれば病気や疾患も早めに治すことも可能になるかもしれません。多汗症で生活に不便を感じることもありますので治療で治るのであればよいですよね。

TOPへ