エクリン腺とアポクリン腺

エクリン腺から分泌される汗というものは、アポクリン腺から分泌される汗と違って99%が水です。そのため無色透明で粘り気もありません。エクリン腺の働きが活発になって汗が分泌されるときはどういた時かというと気温や運動などでの体温上昇(温熱性発汗)や緊張など大脳への刺激(精神性発汗)そして辛い物を食べたとき(味覚性発汗)などです。エクリン腺から分泌される汗は、健康な人の場合は1日に1.5〜2リットルくらいです。

 

夏の暑い時期や梅雨の時期というように高温多湿な日であれば、1日に3リットルもの汗をかくとさえいわれています。また大人よりも子供のほうが汗をかきやすくて一番汗をかく場所は足の裏だといわれています。エクリン腺から分泌される汗とニオイの関係についてですが、エクリン腺から分泌される汗は99%が水となりますのでエクリン腺から分泌された汗自体が臭うことはほとんどありません。しかし、かいた汗をそのままにしておくと、細菌などに分解されてしまいそういった時にニオイが発生してしまうこともあります。

 

特に足の裏などは汗をかきやすいこと、そして靴や靴下などで常に高温多湿な状態なので蒸れやすく、細菌が繁殖しやすいのです。そのため細菌に分解されやすく、ニオイが発生しやすいとされています。人間の汗腺は2種類あります。その1つがわきがの原因となる汗を出すといわれているアポクリン腺なのです。アポクリン腺から分泌される汗にはニオイの原因となる物質を含んでいます。そのため細菌に分解されたときにニオイが発生しやすくなってしまい、さらには独特のニオイとなってしまうのです。

TOPへ