多汗症とエクリン腺

多汗症の原因となってしまう汗は、エクリン腺から分泌される汗のことです。たとえば暑かったり、辛いものを食べているわけではもないのに、何らかの原因によりエクリン腺からたくさんの汗が分泌してしまうことがあります。エクリン腺の働きには体温調整や皮膚の乾燥防止それから腎臓機能の補助作用などがあり、エクリン腺から分泌される汗の場合には、生命維持に欠かすことができない体温調整といった人間にとって大切な役割を果たしています。

 

また皮脂腺から分泌される皮脂や、このエクリン腺から分泌される汗が混ざり合い皮膚の乾燥を防止してくれます。そして皮膚の潤いを保っています。エクリン腺の多い場所といえばどのような場所なのでしょうか。エクリン腺は口唇やまぶた、そして外耳道を除く全身に広く分布しています、特に手のひらや足の裏、そして額にこのエクリン腺は集中しています。これらの部位が汗をかきやすい場所だといえます。

 

しかしエクリン腺がある場所すべてが活動しているわけではありません。実際に活動しているエクリン腺は全体の約半分くらいとされています。またエクリン腺の数は産まれたときにすでに決まっています。そのため赤ちゃんと大人でも同じ数のエクリン腺があります。子供が汗をかきやすいのは体の面積に比べてみると圧倒的にエクリン腺の数が多いからなのです。
エクリン腺から分泌される汗の成分ですが、99%が水です。そして残り1%は、塩分・尿素・アンモニア・ミネラル(カルシウム)などです。

TOPへ