多汗症と味覚性発汗

精神性発汗のほかにも味覚性発汗というものがあります。味覚性発汗とは、辛いものを食べたり飲んだりした時などに発汗神経が刺激されたためにエクリン腺から汗が分泌されることです。これは誰にでも起こる普通のことなのですが、この味覚性発汗が過剰な場合には特に味覚性多汗症と呼ぶことがあるようです。

 

またこの味覚性発汗は個人差が大きくてさらに頻繁に辛いものなどを食べているや辛さになれてしまってしまい、多少の辛さでは発汗しなくなるといったようなことも起こります。さらに温度の低い場所よりも、温度の高い場所などでこの味覚性発汗は起こりやすいようです。いわゆる熱いものを食べたときなどに発汗されるのは体温調節のための発汗になります。そのため温熱性発汗とされています。味覚性発汗が出やすい食品は、辛いもの全般そして酸味のある食品、肉類などです。

 

味覚性発汗は多くの場合には、辛いものを食べたときに起こる症状なのですが、人によってはある特定の食べ物を食べたときに発汗が促されることもあるみたいです。また、「この食べ物を食べると汗が出る」と思ってしまうこともあります。そういった場合には緊張や不安といった精神性発汗が加わりますのでより発汗が促されることになります。味覚性発汗が出やすい場所は額や鼻などです。味覚性発汗が出やすい場所は主に顔の額と鼻周辺ですが、手のひらにかくことはほとんどないそうです。

TOPへ