多汗症の症状が出やすい場所

多汗症は、さまざまな原因によって2つある汗腺のエクリン腺とアポクリン腺のうち、エクリン腺から分泌される汗が必要よりもでる症状や病気のことです。また体質によって多汗症となってしまう場合もあります。多汗症の症状が全身的に起こる場合を全身性多汗症といい、手のひらや足の裏、わきの下などの特定の部位にだけ起こる場合を局所性多汗症といいます。

 

しかし汗は人間が生きていくためには欠かせない機能ですよね。汗をまったくかかない人はいないです。どこからどこまでが通常で、どれくらい汗をかくと多汗症なのかという線引きがハッキリとしていないのも確かです。また多汗症といっても症状は人によって大きく違います。手のひら(手掌多汗症)の場合には、少し汗ばむ程度の人から、手が濡れるほどの人や汗が滴り落ちるほどの人までさまざまなのです。

 

多汗症の症状が出やすい場所は、頭や顔(額)、わきの下(腋窩多汗症)、手のひら(手掌多汗症)、足の裏(足蹠多汗症)などです。手のひら(手掌多汗症)と足の裏(足蹠多汗症)の多汗症は密接な関係にあります。手に汗をかいているときには、足にも汗をかいていることが多いためこの2つを合わせて“手掌足蹠多汗症”と呼んでいます。多汗症の原因ですが、ストレス・緊張・不安などの精神的なものや体質の遺伝、肥満、食生活、病気や疾患、ホルモンバランスの崩れ(更年期)などがあげられます。多汗症は精神的な要因が大きいといわれていますが、実際にはまだまだ解明できない場合も多いようです。

TOPへ