手掌多汗症とは?

手のひらの多汗症(手掌多汗症)についてご紹介したいとおもいます。多汗症は、腋の下や手のひら、足の裏、頭部などの部分に異常に発汗をしてしまうという病気です。このうち、手のひらに日常生活をおくるうえでさまざまな障害をもたらしてしまうほど発汗をしてしまう多汗症が手のひらの多汗症(手汗)というものです。

 

医学的には「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と呼んでおりひどい場合には治療の対象となってしまう疾患なのです。多汗症の患者さんが治療を受け始めるのはだいたい10代から30代の人が多いようです。本人には意識することができない幼少期から発症するケースも多いため親御さん注意をしてあげたほうがよいでしょう。発症に男女差は現在では認められていないようです。

 

手のひらの多汗症の場合は汗が滴るように出てしまうために「手を動かすと汗が飛び散ってしまう」「教科書やノートが汗で濡れてしまう」「握手することができない」「手が滑ってしまうので物を落としやすい」というようにさまざまな支障が生じてしまいます。

 

実際に患者さんである本人にとっては非常につらい状態といえます。たとえば親や周りの人に相談をしたりすることもあるとおもいますが「汗っかきの体質」ということで片付けられてしまうこともあります。そのためきちんとした治療を受けることなく悩みながら成長していくケースが多いようです。

TOPへ