多汗症の手術

多汗症を治療するための方法には手術をするという方法もあります。発汗を作用している交感神経をブロックするというもので手のひらの汗を止める場合には「胸腔鏡下交換神経切除術」といわれている胸腔鏡(スコープ)を用いて胸部交感神経を遮断する手術を用います。全身麻酔をしてわきの下の皮膚を2ミリから4ミリほど切って行われます。傷口も小さくて手術時間も短いので患者さんへの負担は少ないとされています。同じように足の裏の汗を止めるためには腰椎の交感神経をブロックするといった手術の方法があります。

 

ただ、どちらの手術方法も手のひらや足の裏の汗はストップすることができますが手術をしてから手のひらや足の裏以外の部分から汗が出るといった代謝性発汗(反射性発汗)が起こることがあります。けれども手術の前に代謝性発汗を予測することは難しくてかなり個人差があるようです。このように多汗症の手術をするような場合には、医師とよく相談をしてから心配なことは事前に確認しておいたほうがといでしょう。

 

ちょっとした工夫でも汗やニオイは減らすことができます。多汗症治療のための手術をする程でもないし、治療も大変そうというかたもいますよね。そのような方の場合は一時的な対処法ではありますが汗を減らす方法やニオイをとるといった入浴法がおすすめです。さっそく試してみてくださいね!

TOPへ