多汗症の治療方法

多汗症の治療方法には、薬物療法もあります。多汗症の場合には汗に対する不安を取り除くことを目的として精神安定剤(抗不安剤)を処方されることもあるのです。ただ、この薬の場合は直接汗をとめる作用があるわけではありません。おもに緊張を緩和することが目的となっています。また、東洋医学でも多汗症に対する治療があり、この治療方法は体の体質に対しての治療になるため利用する場合には東洋医学専門医か専門薬剤師と相談したほうがよいでしょう。

 

直接、汗に作用する薬の場合は汗をかくときに交感神経の末端から出ているアセチルコリンという化学物質が出てくるのを止める薬があります。それは抗コリン剤といいます。けれども、この神経遮断薬は腺からの分泌を止めるための薬なので手のひらだけではなくて全身に作用してしまいます。また口が渇いたり便秘や胃腸障害などの副作用があると言われており使用を考えている場合には必ず医師と相談してから慎重な判断をしたほうがよいと思います。

 

他にも制汗剤の使用をする人もいます。一時的なものでもよいので、手のひらや足の裏の汗を止めたい場合には制汗剤を使用するという手段もあります。現在では制汗剤は市販されている種類も多くてどのようなタイプを使用するかは自分の状況に合わせて選択してみればよいでしょう。

 

アルミニウム塩などを用いた制汗剤は効果的だと言われており、ただこの制汗剤は物理的に汗が出てくるのを止めるだけのものなので多汗症そのものを治療するものではありません。また、アルミニウムは人体への有害性も指摘されているため使う場合には、注意事項をよく読んで用法をきちんと守るようにしたほうがよいでしょう。

TOPへ