多汗症の心身療法

多汗症を治療するためには何科を受診すればよいのでしょうか。実際、多汗症の人は手の皮膚から汗がでているため皮膚科へ行くケースが多いようです。また、多汗を精神的なものと考える人は精神科や心療内科へ行ったりします。ほかにもワキガなどの治療も行っている美容外科へ行くこともあります。多汗症の治療法はいくつかあるため自分にいちばん合った方法をじっくりと選んだほうがよいでしょう。そのためにも複数の科を受診することもよいかもしれませんね。自分で納得できる方法を見つけることが大切だとおもいます。

 

多汗症の治療方法で心身療法があります。多汗症は必ずしも精神的なものが要因ではありませんが場合によっては心身療法によって症状が軽くなることもあります。汗に対して恐怖感や強い不安感を持っている場合にはこの方法を試してみるとよいとおもいます。

 

多汗が原因で「人前に出らることができない」、「人の視線が気になって仕方がない」というように心の病にかかってしまうケースもあるからなのです。心身療法では主にカウンセリングにより汗に対するマイナス意識を変えていくこともあります。ほかにも自律訓練法によって自律神経(交感神経や副交感神経)のはたらきを整えるといった療法を行っています。

TOPへ