多汗症と漢方薬

漢方薬とは、東洋医学に基づいて処方される薬のことで東洋医学の考え方は、とても奥が深くて一言で語ることはとても難しいようです。あえて簡単に言うとすれば病気や身体の不調が現れるということは全身のバランスが崩れてしまっていることが原因となっているという考えのようです。そのため、そのバランスを自然に近い形にしていき本来の姿に戻そうとする働きが漢方薬の働きとなるのです。

 

このことは、多汗症の場合にも効果が期待できると考えられています。ただ、一般の薬とは違ってその効果が見られるまでは長い時間がかかるようです。また、個人差が大きくでてきますので同じ症状を訴える人であっても人それぞれ漢方薬の処方内容は変わってきます。多汗症になりやすい体質を根本から改善させることを考えている人にとっては漢方薬をつかうという手段をもちいてもよいのではないでしょうか。いくつか多汗症のかたが用いてみるとよい漢方薬を紹介したいとおもいます。

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)は多汗症の漢方薬治療において一番、ポピュラーな漢方薬で特に、気温の高さに比例して汗の量が増えるような人ややや太り気味の人にたいして効果がみられます。桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)は発汗のバランスを整えてくれて、全身性の発汗を抑える効果があり虚弱体質の人に向いている漢方薬になります。柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)は顔や手、そしてわきの下などの上半身の多汗症に効果がある漢方薬で虚弱体質で疲れやすい人に向いています。

TOPへ