多汗症の原因と隠れた病気

以前の多汗症の考え方は人よりも緊張しやすいからということや神経質だから汗をかくのだと考えられおり実は気の持ちようで汗はかかないと思われていました。けれども、実際に多汗症の人は自宅でリラックスをしていたとしても手のひらに汗をかいていたり、朝起きてからすぐに汗をかきはじめることもあります。

 

多汗症の場合は、精神的に緊張しているため汗をたくさんかくのではなくて緊張したときに発汗を促している「交感神経」が敏感なため汗を多くかいてしまう傾向があるそうです。このようなことから朝目覚めたときなど普通に交感神経が働きはじめただけなのに人よりも汗をかいてしまうことがわかります。多汗症の場合は必ずしも精神的な要因による病気と断定はできないようです。

 

また多汗症の裏に病気が隠れていることもあります。汗が大量に出るその原因としては、何かしら病気が関係していることもあります。汗が必要以上に出る病気としては、更年期障害の症状のひとつとしてあります。汗をかいたと思ったらすぐにひいてしまうということなのですが、更年期にはいり卵巣の機能が衰えてくると発汗を抑えるためのエストロゲンというホルモンの分泌が低下するためにそのような症状がみられるのです。

 

最近の「更年期障害」は甲状腺機能亢進症によるものがあります。甲状腺機能亢進症になってしまうと甲状腺ホルモンが増えてしまい基礎代謝が高まります。そのため全身性の多汗がおこる場合があります。また褐色細胞腫によるものもあります。副腎腫瘍の一種でもある褐色細胞腫になってしまうとアドレナリンはたくさん分泌されてしまいこの代謝を高めるために多汗になることもあります。

TOPへ