多汗症の基礎知識

人間のもっているアポクリン汗腺も含めて、汗の分泌量が多いことを「多汗症」と呼んでいます。多汗症とは、その汗の量が何ミリリットル以上汗をかくからというわけではなくて自覚的な要素のつよい病名のようです。多汗症というものは緊張をしやすい人や太っている人、甲状腺機能の亢進している人などにおおく存在していることがわかってます。

 

多汗症の症状はワキの下だけではなくて手足や顔といった場所にも起こり、多汗症の代表的な症状はワキの下から汗が流れでたり、ワキの下の黄ばみや汗じみが気になるといったものがあります。特にワキの下という場所は身体と腕が接している状態が多いため汗をかきやすい場所の一つなのです。わきがと多汗症の症状は同じものではありません。多汗症をもっているすべての人がワキの臭いが強いということではないようです。

 

多汗症の症状は手掌多汗症を意味することもあり、手掌多汗症は、手指末端からたくさんの汗をだす状態のことを言います。その原因はわからないようです。そのため交感神経ブロックが治療法となっており、ボトックス注射をおこなうことになります。

 

注射によって手掌多汗症の治療をボツリヌス菌から作られたボトックスを使用することによって筋肉が収縮するため汗腺が細くなります。そして発汗を抑える方法があるのです。

 

ボトックスとういう物質はタンパク質の一種で交感神経の働きを弱める働きがあります。そのためエクリン汗腺やアポクリン汗腺の働きを抑制して汗の分泌を抑えることが可能になります。ボトックスの持続期間は約6ヶ月ですが、個人差もあるようです。

TOPへ