多汗症対策新着情報

人間のもっているアポクリン汗腺も含めて、汗の分泌量が多いことを「多汗症」と呼んでいます。多汗症とは、その汗の量が何ミリリットル以上汗をかくからというわけではなくて自覚的な要素のつよい病名のようです。多汗症というものは緊張をしやすい人や太っている人、甲状腺機能の亢進している人などにおおく存在していることがわかってます。

 

多汗症の症状はワキの下だけではなくて手足や顔といった場所にも起こり、多汗症の代表的な症状はワキの下から汗が流れでたり、ワキの下の黄ばみや汗じみが気になるといったものがあります。特にワキの下という場所は身体と腕が接している状態が多いため汗をかきやすい場所の一つなのです。わきがと多汗症の症状は同じものではありません。多汗症をもっているすべての人がワキの臭いが強いということではないようです。

 

多汗症の症状は手掌多汗症を意味することもあり、手掌多汗症は、手指末端からたくさんの汗をだす状態のことを言います。その原因はわからないようです。そのため交感神経ブロックが治療法となっており、ボトックス注射をおこなうことになります。

 

注射によって手掌多汗症の治療をボツリヌス菌から作られたボトックスを使用することによって筋肉が収縮するため汗腺が細くなります。そして発汗を抑える方法があるのです。

 

ボトックスとういう物質はタンパク質の一種で交感神経の働きを弱める働きがあります。そのためエクリン汗腺やアポクリン汗腺の働きを抑制して汗の分泌を抑えることが可能になります。ボトックスの持続期間は約6ヶ月ですが、個人差もあるようです。

多汗症という病気は、その名前をみればわかるとおり必要以上にたくさんの汗をかいてしまう病気のことです。多汗症の症状は特に、緊張したときやびっくりしたときなどに汗をたくさんかきます。このような精神性発汗(エクリン腺からの分泌)による汗の異常のことなのです。その中でも手のひらや足の裏に限って大量に汗をかくような場合には、「手掌足蹠多汗症」しゅしょうそくせきたかんしょうというように呼ばれます。精神性発汗がおこる特徴というものは手のひらや足の裏に大量に汗をかくことがあります。わきの下や顔面などに汗が伴うこともありますが、体からはあまり汗が出ないようです。

 

自分が多汗症ではないのか?と気づくきっかけは、字を書こうと思っていたら紙が汗で濡れてしまい破れてしまったという出来事やフォークダンスをするときなどに他の人と手をつなごうとしたら自分の手が汗をかいていてべたべたしていたとういうことなどがあげられます。多汗症の場合、個人差もあり汗をかく量についてみてもいつも手足が湿っているという程度の人から滴り落ちるほどいつも手足が濡れているという人までさまざまです。

 

ほかにもピアノを弾こうとしたら、汗がでるため鍵盤から指が滑ってしまうというようなことから、好きな人と手をつなぐチャンスがあったのに手の汗が気になってしまい手をつなぐことができなかった、パソコンが汗のため壊れてしまったといくようなこともあり、下手をしたら生活に支障が出てくる場合もあるようです。もちろん人間はある程度の汗はかいて当然なので汗をかくことや多く汗をかいてしまうことは誰にでもあることなので必要以上に「私は多汗症なのだろうか?」とおもって悩まないようにしたほうがよいでしょう。

以前の多汗症の考え方は人よりも緊張しやすいからということや神経質だから汗をかくのだと考えられおり実は気の持ちようで汗はかかないと思われていました。けれども、実際に多汗症の人は自宅でリラックスをしていたとしても手のひらに汗をかいていたり、朝起きてからすぐに汗をかきはじめることもあります。

 

多汗症の場合は、精神的に緊張しているため汗をたくさんかくのではなくて緊張したときに発汗を促している「交感神経」が敏感なため汗を多くかいてしまう傾向があるそうです。このようなことから朝目覚めたときなど普通に交感神経が働きはじめただけなのに人よりも汗をかいてしまうことがわかります。多汗症の場合は必ずしも精神的な要因による病気と断定はできないようです。

 

また多汗症の裏に病気が隠れていることもあります。汗が大量に出るその原因としては、何かしら病気が関係していることもあります。汗が必要以上に出る病気としては、更年期障害の症状のひとつとしてあります。汗をかいたと思ったらすぐにひいてしまうということなのですが、更年期にはいり卵巣の機能が衰えてくると発汗を抑えるためのエストロゲンというホルモンの分泌が低下するためにそのような症状がみられるのです。

 

最近の「更年期障害」は甲状腺機能亢進症によるものがあります。甲状腺機能亢進症になってしまうと甲状腺ホルモンが増えてしまい基礎代謝が高まります。そのため全身性の多汗がおこる場合があります。また褐色細胞腫によるものもあります。副腎腫瘍の一種でもある褐色細胞腫になってしまうとアドレナリンはたくさん分泌されてしまいこの代謝を高めるために多汗になることもあります。

漢方薬とは、東洋医学に基づいて処方される薬のことで東洋医学の考え方は、とても奥が深くて一言で語ることはとても難しいようです。あえて簡単に言うとすれば病気や身体の不調が現れるということは全身のバランスが崩れてしまっていることが原因となっているという考えのようです。そのため、そのバランスを自然に近い形にしていき本来の姿に戻そうとする働きが漢方薬の働きとなるのです。

 

このことは、多汗症の場合にも効果が期待できると考えられています。ただ、一般の薬とは違ってその効果が見られるまでは長い時間がかかるようです。また、個人差が大きくでてきますので同じ症状を訴える人であっても人それぞれ漢方薬の処方内容は変わってきます。多汗症になりやすい体質を根本から改善させることを考えている人にとっては漢方薬をつかうという手段をもちいてもよいのではないでしょうか。いくつか多汗症のかたが用いてみるとよい漢方薬を紹介したいとおもいます。

 

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)は多汗症の漢方薬治療において一番、ポピュラーな漢方薬で特に、気温の高さに比例して汗の量が増えるような人ややや太り気味の人にたいして効果がみられます。桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)は発汗のバランスを整えてくれて、全身性の発汗を抑える効果があり虚弱体質の人に向いている漢方薬になります。柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)は顔や手、そしてわきの下などの上半身の多汗症に効果がある漢方薬で虚弱体質で疲れやすい人に向いています。

多汗症を治療するためには何科を受診すればよいのでしょうか。実際、多汗症の人は手の皮膚から汗がでているため皮膚科へ行くケースが多いようです。また、多汗を精神的なものと考える人は精神科や心療内科へ行ったりします。ほかにもワキガなどの治療も行っている美容外科へ行くこともあります。多汗症の治療法はいくつかあるため自分にいちばん合った方法をじっくりと選んだほうがよいでしょう。そのためにも複数の科を受診することもよいかもしれませんね。自分で納得できる方法を見つけることが大切だとおもいます。

 

多汗症の治療方法で心身療法があります。多汗症は必ずしも精神的なものが要因ではありませんが場合によっては心身療法によって症状が軽くなることもあります。汗に対して恐怖感や強い不安感を持っている場合にはこの方法を試してみるとよいとおもいます。

 

多汗が原因で「人前に出らることができない」、「人の視線が気になって仕方がない」というように心の病にかかってしまうケースもあるからなのです。心身療法では主にカウンセリングにより汗に対するマイナス意識を変えていくこともあります。ほかにも自律訓練法によって自律神経(交感神経や副交感神経)のはたらきを整えるといった療法を行っています。

多汗症の治療方法には、薬物療法もあります。多汗症の場合には汗に対する不安を取り除くことを目的として精神安定剤(抗不安剤)を処方されることもあるのです。ただ、この薬の場合は直接汗をとめる作用があるわけではありません。おもに緊張を緩和することが目的となっています。また、東洋医学でも多汗症に対する治療があり、この治療方法は体の体質に対しての治療になるため利用する場合には東洋医学専門医か専門薬剤師と相談したほうがよいでしょう。

 

直接、汗に作用する薬の場合は汗をかくときに交感神経の末端から出ているアセチルコリンという化学物質が出てくるのを止める薬があります。それは抗コリン剤といいます。けれども、この神経遮断薬は腺からの分泌を止めるための薬なので手のひらだけではなくて全身に作用してしまいます。また口が渇いたり便秘や胃腸障害などの副作用があると言われており使用を考えている場合には必ず医師と相談してから慎重な判断をしたほうがよいと思います。

 

他にも制汗剤の使用をする人もいます。一時的なものでもよいので、手のひらや足の裏の汗を止めたい場合には制汗剤を使用するという手段もあります。現在では制汗剤は市販されている種類も多くてどのようなタイプを使用するかは自分の状況に合わせて選択してみればよいでしょう。

 

アルミニウム塩などを用いた制汗剤は効果的だと言われており、ただこの制汗剤は物理的に汗が出てくるのを止めるだけのものなので多汗症そのものを治療するものではありません。また、アルミニウムは人体への有害性も指摘されているため使う場合には、注意事項をよく読んで用法をきちんと守るようにしたほうがよいでしょう。

多汗症を治療するための方法には手術をするという方法もあります。発汗を作用している交感神経をブロックするというもので手のひらの汗を止める場合には「胸腔鏡下交換神経切除術」といわれている胸腔鏡(スコープ)を用いて胸部交感神経を遮断する手術を用います。全身麻酔をしてわきの下の皮膚を2ミリから4ミリほど切って行われます。傷口も小さくて手術時間も短いので患者さんへの負担は少ないとされています。同じように足の裏の汗を止めるためには腰椎の交感神経をブロックするといった手術の方法があります。

 

ただ、どちらの手術方法も手のひらや足の裏の汗はストップすることができますが手術をしてから手のひらや足の裏以外の部分から汗が出るといった代謝性発汗(反射性発汗)が起こることがあります。けれども手術の前に代謝性発汗を予測することは難しくてかなり個人差があるようです。このように多汗症の手術をするような場合には、医師とよく相談をしてから心配なことは事前に確認しておいたほうがといでしょう。

 

ちょっとした工夫でも汗やニオイは減らすことができます。多汗症治療のための手術をする程でもないし、治療も大変そうというかたもいますよね。そのような方の場合は一時的な対処法ではありますが汗を減らす方法やニオイをとるといった入浴法がおすすめです。さっそく試してみてくださいね!

手のひらの多汗症(手掌多汗症)についてご紹介したいとおもいます。多汗症は、腋の下や手のひら、足の裏、頭部などの部分に異常に発汗をしてしまうという病気です。このうち、手のひらに日常生活をおくるうえでさまざまな障害をもたらしてしまうほど発汗をしてしまう多汗症が手のひらの多汗症(手汗)というものです。

 

医学的には「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」と呼んでおりひどい場合には治療の対象となってしまう疾患なのです。多汗症の患者さんが治療を受け始めるのはだいたい10代から30代の人が多いようです。本人には意識することができない幼少期から発症するケースも多いため親御さん注意をしてあげたほうがよいでしょう。発症に男女差は現在では認められていないようです。

 

手のひらの多汗症の場合は汗が滴るように出てしまうために「手を動かすと汗が飛び散ってしまう」「教科書やノートが汗で濡れてしまう」「握手することができない」「手が滑ってしまうので物を落としやすい」というようにさまざまな支障が生じてしまいます。

 

実際に患者さんである本人にとっては非常につらい状態といえます。たとえば親や周りの人に相談をしたりすることもあるとおもいますが「汗っかきの体質」ということで片付けられてしまうこともあります。そのためきちんとした治療を受けることなく悩みながら成長していくケースが多いようです。

手掌多汗症とは局所的にまた精神的な多汗症のひとつで、手のひら(手掌)に汗が多く出るような状態です。ほとんどの場合には足の裏からの発汗も伴います。その他の局所的な多汗症については脇の下の発汗や顔面、頚部などからの多汗があります。

 

手掌多汗症の程度ですが、同じ多汗症であっても人によって汗の出る量は違います。手掌多汗症の場合には汗の出る量によりそのレベルが通常では3段階に分けらることができます。レベル段階の数字が大きくなればなるほど症状がひどいことを表しています。自分の多汗症の程度がどのくらいのレベルかを知っておくことによって治療に取り組むときの目安となるのです。

 

レベル1は湿っている程度で見た目にはわかりにくいのですが触ると汗ばんでいることがわかります。水滴ができるほどではありませんが汗がキラキラと光っています。レベル2は水滴ができているのが見てはっきりとわかります。そして濡れている状態ですが、汗が流れるところまではいきません。レベル3の場合は水滴ができてしまい汗がしたたり落ちてしまいます。

 

手掌多汗症の治療をおこなうには外科的な治療をおこないます。手術の場合は胸腔鏡を用いた胸部交感神経遮断術をおこない全身麻酔を用いておこないます。保存的治療の場合は内服治療や外用剤による治療などをおこないます。担当医師と相談して治療をすすめていきましょう。

多汗症は、さまざまな原因によって2つある汗腺のエクリン腺とアポクリン腺のうち、エクリン腺から分泌される汗が必要以上にでてしまう症状、病気、または体質のことです。全身的に起こる場合を全身性多汗症といい手のひらや足の裏、わきの下など特定の部位にだけ起こる場合を局所性多汗症とよびます。

 

多汗症の症状が出やすい部位ですが、多汗症は、全身性多汗症と局所性多汗症に分けられますが、多くの場合が局所性多汗症です。原因である汗腺のエクリン腺は体中に広く分布していますが、症状が出やすい場所は、手のひらや足の裏、わきの下、顔(額)、頭といった部分に集中しています。

 

全身性多汗症ですが、2種類ある多汗症のうち、何らかの原因により手のひらや足の裏だけでなく、いつもはあまりかかない腹や胸、お尻、太ももなどの全身的に汗が出やすくなる多汗症のことを全身性多汗症といいます。 局所性多汗症は2種類ある多汗症のうち、何らかの原因によって手のひらやわきの下、足の裏など、特定の部分にのみ汗が出やすくなってしまう多汗症のことを局所性多汗症といいます。多くの場合、多汗症といえばこの局所性多汗症のことを指しています。

多汗症は、さまざまな原因によって2つある汗腺のエクリン腺とアポクリン腺のうち、エクリン腺から分泌される汗が必要よりもでる症状や病気のことです。また体質によって多汗症となってしまう場合もあります。多汗症の症状が全身的に起こる場合を全身性多汗症といい、手のひらや足の裏、わきの下などの特定の部位にだけ起こる場合を局所性多汗症といいます。

 

しかし汗は人間が生きていくためには欠かせない機能ですよね。汗をまったくかかない人はいないです。どこからどこまでが通常で、どれくらい汗をかくと多汗症なのかという線引きがハッキリとしていないのも確かです。また多汗症といっても症状は人によって大きく違います。手のひら(手掌多汗症)の場合には、少し汗ばむ程度の人から、手が濡れるほどの人や汗が滴り落ちるほどの人までさまざまなのです。

 

多汗症の症状が出やすい場所は、頭や顔(額)、わきの下(腋窩多汗症)、手のひら(手掌多汗症)、足の裏(足蹠多汗症)などです。手のひら(手掌多汗症)と足の裏(足蹠多汗症)の多汗症は密接な関係にあります。手に汗をかいているときには、足にも汗をかいていることが多いためこの2つを合わせて“手掌足蹠多汗症”と呼んでいます。多汗症の原因ですが、ストレス・緊張・不安などの精神的なものや体質の遺伝、肥満、食生活、病気や疾患、ホルモンバランスの崩れ(更年期)などがあげられます。多汗症は精神的な要因が大きいといわれていますが、実際にはまだまだ解明できない場合も多いようです。

多汗症のついて知識を得るためには発汗と汗腺の知識も必要になるのではないでしょうか。一口に“汗”といっても、それが体温調節のための汗なのか。多汗症による汗なのかを見分けるということは難しいことです。まずは汗がどのようなときに分泌されて、どこから分泌される汗が多汗症の原因となるのか、また汗腺にはどのような働きがあり、どのような特徴があるのかを知っておくことによって多汗症の症状を予防したり、対策することができるのではないでしょうか。

 

精神性発汗は、体温調節のためではなくてストレスや緊張、不安というような精神的・心理的な問題が原因となっています。自律神経のうち交感神経が活発になったためにエクリン腺から汗が分泌されるということなのです。いわゆる「冷や汗」「手に汗を握る」とはこの精神性発汗のことをさしています。精神性発汗自体は誰にでも起こりうることなので問題はありません。しかし、これが過剰な場合だといわゆる多汗症、特に局所性多汗症の大きな原因だと考えらるのです。

 

精神性発汗がでる場面ですが、ストレスを感じた時や緊張した時、恥ずかしい時、不安な時、興奮した時、驚いた時、痛みを感じた時、たとえばスポーツの試合の大事な場面で緊張したり、テストで緊張したり、不安におもうことがあったり、「ドキッ」と驚いたときなどに精神性発汗は起こります。また一度、精神性発汗が起こってしまうとその汗を止めようと思いますので、それがまた緊張となってしまいます。それによってより発汗が促されるといった悪循環となってしまうのです。

精神性発汗のほかにも味覚性発汗というものがあります。味覚性発汗とは、辛いものを食べたり飲んだりした時などに発汗神経が刺激されたためにエクリン腺から汗が分泌されることです。これは誰にでも起こる普通のことなのですが、この味覚性発汗が過剰な場合には特に味覚性多汗症と呼ぶことがあるようです。

 

またこの味覚性発汗は個人差が大きくてさらに頻繁に辛いものなどを食べているや辛さになれてしまってしまい、多少の辛さでは発汗しなくなるといったようなことも起こります。さらに温度の低い場所よりも、温度の高い場所などでこの味覚性発汗は起こりやすいようです。いわゆる熱いものを食べたときなどに発汗されるのは体温調節のための発汗になります。そのため温熱性発汗とされています。味覚性発汗が出やすい食品は、辛いもの全般そして酸味のある食品、肉類などです。

 

味覚性発汗は多くの場合には、辛いものを食べたときに起こる症状なのですが、人によってはある特定の食べ物を食べたときに発汗が促されることもあるみたいです。また、「この食べ物を食べると汗が出る」と思ってしまうこともあります。そういった場合には緊張や不安といった精神性発汗が加わりますのでより発汗が促されることになります。味覚性発汗が出やすい場所は額や鼻などです。味覚性発汗が出やすい場所は主に顔の額と鼻周辺ですが、手のひらにかくことはほとんどないそうです。

多汗症と温熱性発汗についてですが、温熱性発汗とは、気温の上昇などによって体温が上がるのを防ぐためのいわゆる体温調節のためにエクリン腺から汗が分泌されることです。これは生命維持には欠かせないとても大切な機能で人間の生理現象です。汗腺は自律神経によってコントロールされます。その自律神経をコントロールしている脳の視床下部が体温を約37℃に保つように指令を出しています。

 

そのためこれ以上、体温が上がりそうになると汗を分泌させて体温を調整して、逆にこの自律神経の働きが低下してしまい温熱性発汗が行われないと熱中症(熱射病、日射病)などになってしまうということなのです。またこの温熱性発汗が過剰だからといって多汗症とはいわないのです。

 

温熱性発汗が起こる場面ですが、まずは気温の上昇があげられます。そして運動などでの体温上昇や食事をしたとき(熱いものやたんぱく質(肉類)・糖類)などです。温熱性発汗は気温の上昇や運動以外にも、実は食事をしたときにも起こります。特に熱いものや肉類を食べると体温が上昇しますので、発汗が促されます。また、食事中に発汗する人は食べたものがすぐにエネルギーとして燃えているため太りにくいといわれています。

発汗刺激という言葉をご存知ですか?発汗刺激とは、気温や運動、そして辛いものなどを食べたときなどで体温が上がったときに、脳の視床下部が刺激されて発汗が促されることをさしています。発汗刺激が起こることによって自律神経のうち交感神経が優位になります。そして全身の汗腺(エクリン腺)から汗が分泌されるようになります。また発汗刺激は体温が上がるときだけではなくて痛みを感じたり、緊張をしたり不安に感じたりストレスを感じたときにも起こります。

 

多汗症と関係の深い手のひらや足の裏の発汗刺激は、体温が上がったときには起こりません。緊張をしたり不安に感じたり、ストレスを感じたときに起こりやすいようです。人間の汗腺は2種類あります。私たちが普段汗をかいたといっているのはエクリン腺から分泌された汗のことをさしています。エクリン腺は産まれたときから口唇やまぶたを除いてほとんどの皮膚組織に分布しています。体温調整などの大切な働きをしており人間の生命維持には欠かせない汗腺なのです。

 

また多汗症の原因となってしまう汗は、多くの場合このエクリン腺から分泌される汗のことで暑かったり、辛いものを食べているわけではないのに、何らかの原因によってこのエクリン腺からたくさんの汗が分泌してしまうということなのです。エクリン腺の働きには体温調整や皮膚の乾燥防止そsて腎臓機能の補助作用などがあります。エクリン腺から分泌される汗の場合、生命維持に欠かすことができない体温調整にとても大切な役割を果たしています。また皮脂腺から分泌される皮脂と、このエクリン腺から分泌される汗が混ざり合って皮膚の乾燥を防止してくれて皮膚の潤いを保っています。

多汗症の原因となってしまう汗は、エクリン腺から分泌される汗のことです。たとえば暑かったり、辛いものを食べているわけではもないのに、何らかの原因によりエクリン腺からたくさんの汗が分泌してしまうことがあります。エクリン腺の働きには体温調整や皮膚の乾燥防止それから腎臓機能の補助作用などがあり、エクリン腺から分泌される汗の場合には、生命維持に欠かすことができない体温調整といった人間にとって大切な役割を果たしています。

 

また皮脂腺から分泌される皮脂や、このエクリン腺から分泌される汗が混ざり合い皮膚の乾燥を防止してくれます。そして皮膚の潤いを保っています。エクリン腺の多い場所といえばどのような場所なのでしょうか。エクリン腺は口唇やまぶた、そして外耳道を除く全身に広く分布しています、特に手のひらや足の裏、そして額にこのエクリン腺は集中しています。これらの部位が汗をかきやすい場所だといえます。

 

しかしエクリン腺がある場所すべてが活動しているわけではありません。実際に活動しているエクリン腺は全体の約半分くらいとされています。またエクリン腺の数は産まれたときにすでに決まっています。そのため赤ちゃんと大人でも同じ数のエクリン腺があります。子供が汗をかきやすいのは体の面積に比べてみると圧倒的にエクリン腺の数が多いからなのです。
エクリン腺から分泌される汗の成分ですが、99%が水です。そして残り1%は、塩分・尿素・アンモニア・ミネラル(カルシウム)などです。

エクリン腺から分泌される汗というものは、アポクリン腺から分泌される汗と違って99%が水です。そのため無色透明で粘り気もありません。エクリン腺の働きが活発になって汗が分泌されるときはどういた時かというと気温や運動などでの体温上昇(温熱性発汗)や緊張など大脳への刺激(精神性発汗)そして辛い物を食べたとき(味覚性発汗)などです。エクリン腺から分泌される汗は、健康な人の場合は1日に1.5〜2リットルくらいです。

 

夏の暑い時期や梅雨の時期というように高温多湿な日であれば、1日に3リットルもの汗をかくとさえいわれています。また大人よりも子供のほうが汗をかきやすくて一番汗をかく場所は足の裏だといわれています。エクリン腺から分泌される汗とニオイの関係についてですが、エクリン腺から分泌される汗は99%が水となりますのでエクリン腺から分泌された汗自体が臭うことはほとんどありません。しかし、かいた汗をそのままにしておくと、細菌などに分解されてしまいそういった時にニオイが発生してしまうこともあります。

 

特に足の裏などは汗をかきやすいこと、そして靴や靴下などで常に高温多湿な状態なので蒸れやすく、細菌が繁殖しやすいのです。そのため細菌に分解されやすく、ニオイが発生しやすいとされています。人間の汗腺は2種類あります。その1つがわきがの原因となる汗を出すといわれているアポクリン腺なのです。アポクリン腺から分泌される汗にはニオイの原因となる物質を含んでいます。そのため細菌に分解されたときにニオイが発生しやすくなってしまい、さらには独特のニオイとなってしまうのです。

多汗症という症状は、実際には原因が不明な場合も多いみたいです。しかし、多くの場合が精神的な問題からきていると考えられています。もちろん多汗症は精神的な問題だけでなく、さまざまな原因が考えられます。もしかしたら2つ3つの原因が重なって症状が出ているのかもしれません。どのようなことにしても多汗症の症状を改善そして解消するためには、自分がなぜ多汗症になっているのかを知ることが大切だとおもいます。

 

多汗症の原因として考えられやすいものに精神的(ストレス・緊張・不安)なものがあります。多汗症は精神的なストレスや緊張、不安などが大きな原因だと考えられています。ストレスを感じてしまったり、緊張したり、不安なことがあると、私たちが制御することの出来ない自律神経のうち、交感神経の働きが強くなってしまいます。その交感神経の働きが強くなると汗腺の働きが活発になりますので汗が出やすくなるのです。

 

多汗症が“発汗恐怖症”とも呼ばれている背景には、精神的なストレスや緊張、不安などの問題が大きいからだと考えられています。また同じ緊張の度合いであっても交感神経の反応が敏感な人ほど汗が出やすいのです。そして多汗症になりやすいといわれています。しかし、この交感神経の反応が敏感な理由は分かっていないのです。精神的な問題がある人、これは例えると緊張しやすい人のすべてが多汗症というわけではありません。しかし、逆に多汗症の人すべてが緊張しやすいというわけでもありません。

多汗症は精神的なものが問題となり出てくる場合もあります。精神的なものとは、たとえば緊張やストレス、不安などです。このような問題から多汗症になっている人の特徴についてですが、1人でいるときには症状が出ないことがあります。また学校や会社にいると多汗症の症状が出てしまうことがあるが自宅では症状が出ない、そして通学中や出勤中には多汗症の症状が出るが帰宅中には症状が出ないというような場合があります。

 

精神的な問題で多汗症になっている人の場合はこのような特徴がありますが、自宅でリラックスしているときなどでも汗が出やすくて、多汗症の症状が出るといった人もいますので、多汗症は精神的な問題だけが原因とは一概にはいえないのです。精神的な問題で多汗症になりやすい人の性格について次のようにご紹介したいとおもいます。

 

まずは神経質なことです。そして几帳面であったり、完璧主義者、潔癖症、優しい、気を使いすぎる、緊張しやすい、マイナス志向などがあげられます。また手のひら(手掌多汗症)の場合だと精神的な緊張やストレス、不安などの問題がなかったとしても多汗症の症状がでることが多いといわれています。

多汗症の原因がなんらかの病気や疾患であることも考えられます。具体的にいうと中枢神経系の異常や循環器疾患、また内分泌異常や代謝異常などから多汗症になることもあります。病気や疾患が原因となってしまいおこる多汗症は局所的に起こることは少ないです。全身的に起こることが多いため全身性多汗症に区別されることになります。

 

多汗症の原因となることのある病気や疾患は、甲状腺機能亢進症(バセドー病)や褐色細胞腫、末端肥大症、急性リウマチ、生殖器障害、糖尿病、結核などがあげられます。 ある日、突然として汗の分泌量が増えたり、汗をかきやすくなったような場合は病気や疾患が原因の場合もあります。そのため、早めに健康診断や人間ドッグ、または内科などで診察を受けたほうがよいでしょう。

 

もし病気や疾患が原因となり多汗症になっている場合には、まずはその原因となる疾患を治療することが最優先となります。なんだか、最近からだの調子がおかしいなと感じたら、素人判断をしないで専門の医師に診てもらったほうがよいでしょう。早めにわかれば病気や疾患も早めに治すことも可能になるかもしれません。多汗症で生活に不便を感じることもありますので治療で治るのであればよいですよね。

多汗症の原因のなかにはホルモンバランスの崩れなどもあげられます。ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部という部分は、自律神経をコントロールしている器官でもあります。そのため、ホルモンバランスが崩れてしまうと自律神経のバランスも崩れてしまい体温調節機能が低下してしまうので多汗症となってしまうのです。

 

特に生理や妊娠・更年期など、ホルモンバランスの影響を受けやすい女性の場合には、このタイプの多汗症は多いようです。更年期になると、プロゲステロン(黄体ホルモン)・エストロゲンといった女性ホルモンの分泌量が減ってしまいそのためホルモンバランスが崩れてしまいます。自律神経のうち交感神経が優位になりますので、体温調節の機能が低下していくため多汗症の症状が現れるということなのです。

 

更年期が原因となり、多汗症がでてしまう人の特徴についてですが、たとえば・上半身(顔、首筋、胸)に汗をかきやすい、寝汗が多い、ベタベタした汗をかきやすい、冷え性を伴っている、ほてり、ホットフラッシュ(のぼせ)を伴うことがある、という特徴があげられます。更年期が原因となり多汗症になっている場合には婦人科を受診したほうがよいでしょう。

多汗症の直接の原因ではないのですが、実は遺伝もある程度は多汗症に関係している可能性があるそうです。多汗症の大きな原因といわれているものが精神性発汗です。この精神性発汗とは緊張しやすい人や、とても神経質な人、また気を使いすぎるというような性格が遺伝したために精神性発汗が起こりやすくなっている可能性も否定することができないということなのです。

 

また多汗症は多くの場合に、物心ついた思春期以降に症状が出やすいそうです。下手をしたら乳幼児の時期にはすでに多汗症の症状が出ているケースもあります。この場合には、原因が分からない、または遺伝が関係している可能性もあるといわれています。たとえば熱いものを食べたときに汗をかくのは温熱性発汗です。また辛いものを食べたときにかく汗は味覚性発汗がおこるため誰でもかく汗となっています。

 

これは正常なものですが、これらが過剰にでてきたり、特に味覚性発汗が過剰な場合には味覚性多汗症と呼ばれることもあります。食生活が原因となり多汗症になっている場合もあります。そして病気や疾患、症状は多かれ少なかれ食生活が関わっていることが多いこともわかっています。食生活の改善から多汗症の対策をはじめてみてもよいかもしれませんね。

多汗症になりやすい食生活とはいったいどのようなものなのでしょうか。よく欧米人はわきがなどが多いと聞きます。それは食生活が深くかかわってきているようです。多汗症も同じように食生活が深くかかわってきているのをあなたはご存知ですか?たとえば動物性脂肪の多い肉類中心の欧米化した食生活をおくっていたりアルコールを過剰に摂取していたり、辛いもの香辛料の多い食品の食べすぎは多汗症になりやすくなってしまいます。

 

また、カフェイン(コーヒー)の過剰摂取なども当てはまります。味覚性多汗症は食べ物だけが原因ではありません。実は精神的(ストレス・緊張・不安)などの問題が原因となっていることも多いそうです。辛いものなどを食べると「汗をかいたらどうしよう」、「汗を止めなければ」と思ってしまいますよね。このことが不安や緊張となってしまい精神性発汗も促すことになってしまうそうです。

 

熱いものや辛いものを食べれると当然ですが汗をかいてしまいます。しかし、これらの食べ物を食べないこともできませんよね。「汗をかいたらどうしよう」ではなくて「汗をかくのは当然のことだ」、「汗をおもいっきりかいてやろう」と思えるようになれれば、過剰に汗をかくことはなくなると思います。気にしすぎてしまうことによって多汗症の症状を悪くしてしまうことがありますので注意しておきましょう。

タバコに含まれているニコチンやコーヒーに含まれているカフェインなどが多汗症の原因になっている場合もあります。たばこに含まれているニコチンや、コーヒーやお茶などに含まれているカフェインには、自律神経のうち汗腺の働きを活発にして交感神経を刺激する“中枢神経興奮剤”といった物質が含まれています。そのため、これらを過剰摂取してしまうとと汗が出やすくなることもあるそうです。

 

また薬にも中枢神経興奮剤が含有されているものもあります。もしも、服用している薬があれば医師や薬剤師に聞いてみるとよいでしょう。また肥満の場合にも多汗症の疑いがある場合があります。肥満が直に多汗症の原因というわけではありません。肥満の人はいくつかの理由によって汗をかきやすいので、肥満の人に多汗症の人が多いと思われているそうです。

 

肥満の人が汗をかきやすい理由としては、まずは脂肪(皮下脂肪)が厚いため体熱が放出しづらいという点です。汗をかいて体温調節をしている、そして運動不足のことが多いため少し動いただけでも汗をかいてしまうこともあります。このように肥満の人が汗をかきやすいのは体温調節や生理的現象となりますので、病気でもなければ多汗症でもないとされています。

肥満の人は汗をかきやすいと一般的に思われていますよね。実際に汗をかきやすいのですが、その理由としては皮下脂肪が厚いため体熱が放出しづらいという原因があげられます。汗をかいて体温調節をしているということになります。また運動不足であることが多いため少し動いただけでも汗をかいてしまいます。肥満の人が汗をかきやすいのは体温調節や生理的現象となっていますので、病気でもなければ多汗症でもないとされています。

 

もちろん、肥満の人の中には実際に多汗症の症状がある人もいますが、体温調節や生理的現象なのか、多汗症による汗なのかをきちんと見分けるのは難しいとされています。しかし、手のひらや足の裏などの、多汗症の症状として現れやすい部位に汗をかきやすいという人は多汗症の可能性があると思います。その一方で、手のひらや足の裏はほとんど汗をかかないけれども身体全体に汗をかきやすいという人は、体温調節、生理的現象の可能性が高いため一概に多汗症とはいえないでしょう。

 

皮下脂肪だけでなく内臓脂肪も汗をかきやすい原因としてあげられます。見た目が肥満であったり、皮下脂肪が厚い人だけではなくて中年以降の人に多く見られる、見た目は普通であっても内臓脂肪の多い人もく汗をかきやすいのは同様です。また内臓脂肪はニオイの元となりやすい脂肪酸をたくさん含んでいるため、皮脂腺やアポクリン腺から分泌される皮脂や汗が体臭の原因にもなりやすいです。

多汗症は、精神的なストレスた緊張、そして不安などの問題が大きな原因だと考えられています。そのため、ストレスを溜めないようにしたり、ストレスを発散するようにしたりするというようにリラックスすることを心がけることがもっとも重要だといえます。ストレスや緊張、そして不安を感じたときにかく汗を精神性発汗と読んでます。

 

これは自律神経が偏ってしまい交感神経が優位になったためにかく汗のことです。このように交感神経に偏った自律神経のバランスを整えるためには、緊張や不安を取り除いてあげてリラックスするしかありません。忙しい現代社会で生活をするうえではストレスを無くすことは不可能だと思いますが、スポーツやカラオケ、音楽鑑賞など自分の好きなことに取り組んでみましょう。

 

少しでもストレスを軽減できるようにと心がけることが大切なことなのです。ストレス解消やリラックスして多汗症対策の具体的な策としては汗が気になったらゆっくりと複式呼吸をして気分を落ち着かせるようにしましょう。また自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。そして開き直ったりイライラしないようにしたり、常に前向きに考えるにしたり、精神科医に相談したりしましょう。

多汗症のかたは、リラックスをすることがとても大切だといえます。たとえば 「汗をかいたらどうしよう」とか「汗を止めたい」というように思えば思うほど残念ながら汗はでてしまいます。眠れないときに寝よう寝ようと思っていればいるほど眠れないと同じことです。自律神経は私たちがコントロールできないものです。そればかりか、皮肉なもので、私たちが「こうしたい」と思っている逆の方向へと行ってしまうことが多いのです。

 

また「あまり、気にしない気にしない」と自分で思っていたとしても潜在意識的にみればそれが緊張となっていますので逆効果になることもあります。これは、難しいかもしれませんが、精神性発汗を抑えるためには“開き直る”ということが一番効果的なことかもしれません。私たちがあれこれ考えたところで汗は出てきますし、止まりません。

 

「汗が出るということ仕方ないことなんだ」と思ったり「汗をかいて何が悪いんだ」と思うくらいの気持ちが持てるようになればいうことはないと思います。精神性発汗は「考えすぎてしまったり」、「悩みすぎてしまったり」、「気にしすぎてしまったり」するというような性格的な部分が大きいことが分かっていますので、精神科医に相談することも、もちろん選択肢の一つだといえます。

多汗症対策には食生活の改善も大切なことだといえます。多汗症は、精神的なストレスや緊張、不安などだけが問題となるわけではありません。たとえば、食事をしたときに過剰に発汗する場合もあります。そのため、食生活の改善をおこない、ある程度は多汗症の予防することができる場合もあります。食生活を改善して多汗症対策は次ような点があげられます。

 

例えば辛いものや、香辛料の過剰摂取を控えるようにする、動物性脂肪の多い肉類の過剰摂取を控えるようにする、暑いからといって冷たいものばかりを摂らないようにする、食事を楽しむようにする。などです。辛いものを食べれば汗が出てくるのは誰にでも起こる現象だと思います。これは味覚性発汗と呼ばれているものです。それが過剰な場合には多汗症のうちの味覚性多汗症である可能性が出てきます。

 

また肉類の場合は、体熱を上昇させますので汗をかきやすくなってしまいます。エクリン腺からの汗だけでなく皮脂腺から皮脂の分泌も促してしまいニオイまでも発生しやすくなってしまいます。そのため体臭が気になる方やワキガが気になる方は注意が必要だといえます。他にも「この食べ物を食べると汗をかく」と思い込んでいたり、辛いものを食べるときには「汗をかいたらどうしよう」と思ったりすると、それが緊張や不安となってしまい精神性発汗へと繋がってしまいます。さらに発汗が促されますので気をつけたほうがよいでしょう。

多汗症対策として、市販されている制汗剤を活用してみるという方法も一時的には有効だといえます。制汗剤とはその名の通り汗を制御する製品のことです。いまでは数多くの種類が販売されていますので、自分の状態や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。制汗剤とは毛細血管を収縮させて発汗を抑制させる製品で多汗症の方は基本的にこの制汗剤を利用すると良いでしょう。

 

また制汗効果の高い塩化アルミニウムを利用するのも良いかもしれません。消臭効果のある制汗剤も最近ではたくさん販売されるようになりました。汗と共に発生してしまったニオイまでも消臭してくれることから、体臭やわきがが気になる方は一時的には効果的だといえます。消臭成分は製品によって違います。そのため自分の好みで選ぶと良いでしょう。

 

ただ選ぶ場合には無香料タイプを選ぶようにしましょう。「ニオイでニオイを消すことはできません」。ニオイでニオイを消そうとすれば逆効果になることもありますので注意しましょう。汗は肌表面の常在菌や雑菌などに分解されたときにニオイが発生してしまいます。そのため、これらの細菌類を抗菌・殺菌してから、ニオイが発生するのを防ごうというものがデオドラント剤です。

最近ではデオドラント成分が配合されている制汗剤も販売されています。そのため、汗と共にニオイが気になる場合はこれらの製品を利用すると良いでしょう。けれども本来は、肌表面の常在菌は雑菌の増殖を防いでくれたり、私たちの肌(皮膚)をさまざまな外敵から保護してくれています。そのため、デオドラント剤を使用しすぎには注意しましょう。

 

デオドラント剤は使いすぎてしまい、これらの常在菌が減少してしまうと、逆に雑菌が増殖してしまい、肌(皮膚)が荒れてしまったり、さまざまな症状として現れてしまいます。そのため注意が必要です。デオドラント成分が配合されている制汗剤を使用するときは特に使用法を守るようにして、なるべく過剰に使用するのは控えましょう。

 

制汗剤は精神性発汗にも効果的なのでしょうか?多汗症は精神性発汗が大きな原因だといわれています。そのため、これらの制汗剤を利用していけば、「汗が止まる」と思い込んでしまい、制汗剤の効果以上により効果的になる場合もあります。そういったことから制汗剤を使用する場合には「これで汗の心配はない」と思いながら使ってみれば良いでしょう。

 

これは、いずれにしても一時的に汗の分泌を抑制したり、ニオイを抑えるためのものになります。そのため、多汗症やワキガが完治するわけではないことを理解しておきましょう。そして使用するときは使用法を守っておいて、肌に合わなかった場合には使用を中止するようにしましょう。トラブルがある場合には皮膚科などの専門医に相談したほうがよいでしょう。

多汗症対策ではありませんが、多汗症の方の場合はお肌を清潔にすることを心がけることが大切です。多汗症の直接の原因となる汗はエクリン腺から分泌されます。その汗自体にはニオイの原因となりにくいです。しかし、汗をかいたままそのままにしておくと、肌表面に常在している細菌に分解されてしまいますのでニオイが発生してしまいます。

 

これは、いわゆる「汗臭く」なるということなので注意が必要となります。また多汗症に加えてワキガ体質の方であれば、わきがの原因となる汗はアポクリン腺から分泌されます。このエクリン腺から分泌された汗に拡散されてしまい、さらにニオイが強くなってしまいます。

 

汗をかいたら洗い流すことが理想的だといえますが、社会生活を送っている場合には、ちょっと汗をかいたとしてもそのたびに洗い流すことは、なかなか難しいと思います。そのためタオルやハンカチで汗を拭いたり、市販されている汗拭き取りシートなどをつかってみるとよいでしょう。もしも、汗をかいたなと思ったらこまめに拭き取るように心がけるとよいでしょう。

多汗症を直接的に予防することができるわけではありませんが、着用している衣類に気をつけることで多汗症だけでなく、汗によるニオイを軽減することもできます。多汗症は、多汗症を直接的に予防することができるわけではありませんが、着用している衣類に気をつけることで多汗症だけでなく、汗によるニオイを軽減することもできます。多汗症は、精神性発汗が大きな原因だといわれています。そのため、汗をかいても大丈夫と思えるような服装をしておくことが予防につながると思います。

 

例えば夏でもTシャツ1枚だけを着るのではなくて、重ね着をしておけば体やわきの下の汗はほとんど目立たないと思います。そのため「いつ汗をかいても大丈夫だ」と思うようにできますので、精神性発汗が起こりにくくなります。重ね着をすれば余計汗が出てきてしまうのでは?と思うかもしれませんよね。

 

しかし、Tシャツを1枚くらい多く着たからといって体感温度はほとんど変わりません。それに重ね着によって汗が気にならなくなれば、わきの下の多汗症には効果的だといえます。また重ね着をすることによて、発生したニオイを軽減することも期待できます。多汗症対策と衣類では吸水性や通気性に優れた衣類を着ましょう。が大きな原因だといわれています。そのため、汗をかいても大丈夫と思えるような服装をしておくことが予防につながると思います。

 

例えば夏でもTシャツ1枚だけを着るのではなくて、重ね着をしておけば体やわきの下の汗はほとんど目立たないと思います。そのため「いつ汗をかいても大丈夫だ」と思うようにできますので、精神性発汗が起こりにくくなります。重ね着をすれば余計汗が出てきてしまうのでは?と思うかもしれませんよね。

 

しかし、Tシャツを1枚くらい多く着たからといって体感温度はほとんど変わりません。それに重ね着によって汗が気にならなくなれば、わきの下の多汗症には効果的だといえます。また重ね着をすることによて、発生したニオイを軽減することも期待できます。多汗症対策と衣類では吸水性や通気性に優れた衣類を着ましょう。

多汗症を治療するための方法は1つではありません。多汗症治療のための方法はいくつかの方法がありますが、いずれの方法にも必ずメリットとデメリットがあります。自分がやってみてどれほどの効果を得たいのか?また、どれくらいのデメリットなら納得できるのかをよく考えたほうがよいでしょう。

 

そして、自分に合った方法を選ぶ必要があると思います。また多汗症を治療するには大きく分けて手術をする方法と、手術をしない方法があります。多汗症を改善、そして解消、または完治するためには手術をするしかないと思っている方が多いです。しかし、手術をして取り除いたものは元に戻りません。

 

そういった意味からみても手術はあくまでも最後の手段だといえます。多汗症は命に関わる病気ではありませんので、あせらずじっくりと考えましょう。1つのクリニックだけに偏らず色々なクリニックでカウンセリングを受けてみるのも手段だと思います。本当に信頼できる医師に相談してから、手術については決めたほうが良いでしょう。

多汗症治療には、効果的といわれているボトックス注射があります。このボトックス注入とは、筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌(医薬品)という薬を使いながら、交感神経をブロックしていき汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)の働きを一時的に抑えるといった多汗症治療法のことです。他にも交感神経切除手術というものがあります。

 

多汗症手術においては、特に手のひらの多汗症治療として多く行われているのが交感神経切除手術(腔鏡下胸部交感神経切除術・交感神経遮断手術・ETS)です。多汗症の大きな原因としては、自律神経のうち交感神経が優位になってしまうためだと考えられています。そのため、その交感神経を取り除いて多汗症を完治させようという手術法なのです。

 

次に超音波治療法についてですが、多汗症治療だけでなくて、ワキガ手術としても最近では多く行われるようになってきた方法が超音波治療法です。超音波治療法は超音波によって、わきの下にある汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)・皮脂腺を破砕・除去していきますので、わきの下の多汗症が気になる方には効果的な手術法だといわれています。

多汗症治療として効果的だといわれているボトックス注射があります。このボトックス注入とは、筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌(医薬品)という薬を使用します。そして、交感神経をブロックしていき、アポクリン腺やエクリン腺などの汗腺の働きを一時的に抑えるといった多汗症治療法です。

 

ボトックス注入は、汗腺の働きを一時的に抑えることができるため、多汗症治療だけでなくて、わきがの治療としても行われています。ボトックス注入(ボトックス注射)の治療法としては、わきの下の数箇所にボトックスを注入する、手術時間は約10〜20分程度かかるという点が特徴です。それでは、ボトックス注入(ボトックス注射)のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ボトックス注入のメリットは、手術ではないため比較的、手軽に出来る、治療痕がほとんど残らない
、治療時間が短い、手術中や、術後の痛みがほとんどないなどです。ボトックスの注入は自律神経のうち、交感神経のブロックをすることによって多汗症の大きな原因といわれている精神性発汗にはとても効果的だといわれています。

多汗症治療にはボトックス注射が有効だとされていますが、メリットもあればもちろんデメリットもあります。ボトックス注入(ボトックス注射)のデメリットは次のような点があげられます。それあボトックス注入の効果には個人差があるという点です。また、効果持続期間は数ヶ月〜長くても1年という点です。

 

そしてボトックス注入をしたとしても多汗症が完治するわけではありません。ボトックス注入は汗腺を取り除くわけではありません。汗腺の活動を一時的に抑えるだけとなります。多汗症にしろワキガにしろ完治するわけではないということなのです。その効果には個人差もあります。そして効果は長くても1年ほどだといわれています。

 

ボトックス注入は、ワキガよりも多汗症により効果的だとされています)。ボトックス注入(ボトックス注射)を行っている方は手術に不安がある方や一時的に汗の分泌量を抑えたい方(結婚式などのイベントなど)などがあげられます。ボトックス注入(注射)は、筋緊張生萎縮や顔面痙攣などの治療のほか、美容外科ではシワ取りなどにも使われています。

交感神経切除手術についてご紹介したいと思います。多汗症手術で、特に手のひらの多汗症治療として多く行われているのが交感神経切除手術です。詳しく言うと腔鏡下胸部交感神経切除術・交感神経遮断手術・ETSといいます。多汗症の大きな原因は自律神経のうち交感神経が優位になってしまったためだと考えられています。そのための交感神経を取り除いて多汗症を完治させようという手術法です。

 

交感神経切除の手術法は、まず全身麻酔を行います。そしてわきの下に数ミリ程の穴を開けます。胸腔鏡(スコープ)を挿入して胸部交感神経を切除していきます。縫合はしない場合が多いといわれています。病院によって多少は違いますが、基本的にはつぎのような流れで行われます。手術時間は約20〜30分程度です。そして入院の必要もありませんが場合によっては入院が必要な場合もあります。

 

交感神経切除手術は、基本的には手のひらの多汗症を改善・解消させるもので、足の裏の多汗症の場合は、腰椎の交感神経を切除する手術が行われています。交感神経切除手術のメリットは手のひらの多汗症を完治することが期待できる、手術痕はほとんど目立たない、体への負担が少ない、手術時間が短い(約20〜30分)、基本的には入院の必要がないという点です。

 

反対に交感神経切除手術のデメリットは、代償性発汗が起こる可能性があるという点と切除した交感神経は戻らない、乾き過ぎた手になってしまったり、ひび割れることもある。頭痛や喉の渇き、手術した後には痛みが多少あるという点です。交感神経切除手術は、手のひらの多汗症にはとても効果的だとされていますが、わきの下・顔の多汗症の場合には効果が低かったり、または、まったくないこともあるようです。

わきがの超音波治療法についてご紹介します。超音波治療法は多汗症治療に使用されるだけでなくワキガ手術としても最近では多く行われるようになってきました。超音波治療法とは、その言葉のごとく超音波によってわきの下の汗腺であるアポクリン腺たエクリン腺、皮脂腺などを破砕または除去するといった方法です。わきの下の多汗症が気になるという方にとっては効果的な手術法だといわれています。

 

ただし、わきの下の多汗症以外は手術を行えないため効果がないので注意しておきましょう。それでは超音波治療法の手術法とはどのように行われるのでしょうか。まずは、 わきの下の皮膚を数ミリほど小さく切開します。そして、超音波発生器を挿入していきます。それから超音波を発生させていき汗腺類を破壊または吸引をおこないます。最後に手術痕を1針ほど縫合していきます。

 

超音波治療法はこのような手順で行われていきます。個人差はありますが、だいたい30分程度で手術は終わります。超音波治療法のメリットについてですが、従来のわきが手術と比べてみると効果が高くて再発の可能性が低いとされています。また肉体的な負担が少なくてすみますし安全性も高いです。切開する部分が小さいので手術痕が目立たなくてすみます。

わきがの超音波治療法のメリットは他にも血管や神経などの、他にある組織を傷つけにくいです。そして出血がほとんどないため感染症などの心配もありません。手術中や術後には痛みがほとんどなく手術時間が短くてすみます。その他にも副作用や後遺症が少ない点やわき毛を残すか残さないか選択することができる点、入院の必要がないという点、術後の回復が早いというメリットもあげられます。

 

このように超音波治療法は、いままでの手術と比べてみるとわきが対策の効果は高いです。そして、再発の心配も少ないため、わきがや多汗症を完治させることが期待ができます。また、超音波治療法は産婦人科で胎児の診断に使われています。その安全性についても実証済みです。そのほかにもわきがの超音波治療法の場合は手術痕もほとんど目立ちません。

 

また、わき毛を残すかどうかを手術する前に選択することができるため、男性にとっては大きなメリットといえるでしょう。超音波治療法のデメリットもあります。それは基本的にはわきの下、陰部以外の場所の手術は行わないため手のひらや足の裏の多汗症の場合は手術を行えないという点です。そして最先端の治療法のため行っているクリニック(医療機関)が少ないという点もあげられます。

 

最先端の機械のため、まだ手術経験が豊富な医師が少ないことや糖尿病や血友病などの疾患がある人は手術できない場合もあります。最後に長時間超音波を当てていると火傷を起こす可能性があるというデメリットもあります。実際には長時間当てることはないため火傷をする可能性はほとんどありません。超音波治療法はいまのところデメリットが少ないわきが・多汗症手術法だといわれています。それでも手術であることには変わりないため、何か疾患を患っている方は手術を受けられないこともあります。

星状神経節ブロック療法についてご紹介します。星状神経節ブロック療法の治療法と副作用はどのようなものがあるのでしょうか?まず星状神経節ブロック療法とは、局所麻酔薬で自律神経のうち交感神経を一時的にブロックするといった多汗症治療です。星状神経節ブロック療法は多汗症治療だけではありません。

 

たとえばアレルギー症状や頸椎椎間板ヘルニア、慢性関節リウマチ、顔面神経麻痺、片頭痛などの上半身の痛みにたいしての治療法としてよく知られています。のどには主に上半身の部位にある頭・顔・首・肩・上肢・胸・心臓・気管支・肺などの交感神経をコントロールしている星のような形をした星状神経節という神経節があります。

 

この神経節の近くに局所麻酔薬を注射してから、一時的に交感神経の働きをブロックします。そして機能を麻痺させていきます。多汗症をはじめとして、交感神経が優位になったために起こる症状の場合には、星状神経節をブロックすることによって自律神経のバランスが整えられますので、症状が改善されたり解消することも期待できます。

星状神経節ブロック療法を多汗症治療として使用するような場合は、上半身、頭や顔の多汗症には効果があります。しかし、足の裏の多汗症にはほとんど効果はないようです。また手のひらやわきの下の部位の場合は個人差があるようです。一時的に交感神経をブロックするだけになりますので、多汗症の症状が完治するわけではありません。

 

星状神経節ブロック療法の効果は個人差がありますが持続期間は数ヶ月〜1年といわれています。次に星状神経節ブロック療法のメリットについてですが、多汗症の治療目的以外の体のさまざまな不調が改善されることもあります。そして手術痕などが残らないという点もメリットとしてあげられます。星状神経節ブロック療法を使用すると多汗症だけでなく、交感神経が優位になったために起こるさまざまな症状が改善・解消されることもあります。

 

反対に星状神経節ブロック療法のデメリット(副作用)についてですが、 多汗症治療の効果がない人もいます。(個人差がある)、そして完治するわけではない、何度も治療を受けると効果がなくなることもあります。まぶたが重く感じることがある、涙が出やすくなる、声がかすれる、めまいや吐き気がおこることがあります。そして行っているクリニックが少ないという点です。

多汗症を治療するための星状神経節ブロック療法は、その効果が現れるまでには個人差があります。そして効果が現れるまでに数回、または数十回治療を行う必要がある場合もあるのです。ただ星状神経節ブロック療法には重大な副作用はほとんど報告されておりません。そして下記のような副作用もほとんどの場合、時間の経過と共に解消されていくといわれています。

 

星状神経節ブロック療法が行われている症状(病気)には、次のようなものがあげられます。・自律神経失調症、・アレルギー症状(花粉症・アトピー性皮膚炎・気管支ぜんそく・アレルギー性鼻炎)、・冷え性、・頸椎椎間板ヘルニア、・慢性関節リウマチ、・顔面の帯状疱疹、・心筋梗塞、・不整脈・狭心症などです。

 

その他にも・慢性気管支炎や・片頭痛、・口内炎、・便秘、・下痢、・痔核、・月経異常、・生理痛、・更年期障害、・膀胱炎、・インポテンス、・不妊、・水虫(白癬)、・脂漏性皮膚炎・ケロイド、・アレルギー性結膜炎、・食欲不振、・緑内障、白内障、・睡眠時無呼吸症候群、・不眠症、・疲労倦怠感などがあげられます。星状神経節ブロック療法は、自然治癒力を高めることを期待できる治療法として色々な症状や病気に対してほどこされています。

多汗症についてあなたはどのくらいご存知ですか?多汗症とはエクリン腺という、人間の汗腺の中にある腺から、通常以上の汗を出してしまう症状や病気、体質のことをさしています。多汗症には、全身から汗をかいてしまう全身性多汗症もありますし、顔、頭部、手のひら、脇のように、局所的に特に汗を多くかいてしまう局所性多汗症というものがあります。多汗症と一言で言っても、人間は、誰しも汗をかくものですよね。

 

自分が出している汗が、正常な汗なのか、また多汗症の汗なのか、見極めることは難しいことです。どういった状態の人が多汗症なのかと言えば、その点についても個人差があります。そのため、なんとも言えません。手のひらを例にあげてみても、ちょっと汗ばむ程度から、したたり落ちるくらいに汗をかくという人までいます。症状は人によって様々だと思います。症状と言うより、むしろ汗をかく「原因」の方に多汗症かどうかの鍵があるようです。

 

また、多汗症の人が汗をかく場所は、主に顔全体や頭部、手のひら、足の裏、脇などが挙げられます。多汗症の原因には、ストレスや不安、緊張などの精神的なもの、食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが挙げられます。症状としては、暑くもないのに汗をかいてしまったり、目上の人と握手をするときに汗をかいてしまう、本を読んでいると触っているページが濡れてしまうなどの症状が挙げられます。

TOPへ