音楽療法

多汗症の対策に悩んでいる人にとって、その治療法や対策法は、とても気になるものだと思います。治療方法の一つとして、音楽療法という方法があることは、ご存知でしょうか?

 

音楽療法とは、投薬と音楽で治療する方法です。抗不安薬を一日15mg位投薬し、2週に1〜2回のペースで音楽を聴いて、多汗症の治療をするというものです。1回に聞く音楽の時間は30分ほどです。その前後で、気分を落ち着かせるために、10分間ほど安静にすることになっています。その治療の経過を、発刊量、脈拍数、血圧など計測して、本人に見せて確認させることにより、これほど効果があるんだよという認識を持たせるということも行っているようです。

 

音楽療法は、多汗症の対策をしたいと考えている人の中には、例えば、小さいときから、異性と話をしたりするときや、何か嫌なことがあったりするときに、手のひらに汗をかいてしまったり、足の裏、脇、顔、頭部などに特に多く汗をかいてしまって困ってしまったという状況を何度も経験しているという方がいます。薬物療法や心療療法など、他の治療法をしても効果が無かった人がやってみると、効果が出るというケースもあるそうです。

 

音楽療法をやってみて、実際に発汗量などが抑えられた場合、音楽によって抑えられたという事実が、本人に認識され、汗の量を自分でコントロールできるんだという状態まで持っていくことが可能になります。それによって、自信がつき、多汗症の症状が改善されていきます。音楽療法で、多汗症対策というものも、実際にやってみてはいかがでしょうか。

TOPへ