心身治療法

多汗症対策のためには、病院での治療が必要となる場合があります。多汗症の原因には、様々なことが考えられます。それは、ストレスや不安・緊張などからくる精神的なことが原因の場合が多いようです。その場合、心身治療が有効の場合があります。この方法は、全ての症状について有効であるとは限りませんが、症状が軽減されるというケースが多々あるようです。

 

また、汗をかくことに対しての恐怖感や緊張感などを強く感じてしまって、余計に汗をかいてしまうという人もいるでしょう。そういった人こそ、心身治療が効果的なのではないかと思います。心身治療の方法についてですが、主に、カウンセリングを行い、汗に対する恐怖感や緊張感を徐々に取り除いていきます。交換神経や副交感神経というような、自律神経のバランスを整えるという方法で行うようです。

 

また、汗に対する恐怖感や不安感を抑えるために、精神安定剤が処方されるなど、薬物による治療方法も選択肢としてあげられます。この方法では、直接汗を止める効果はありませんが、緊張を和らげることが可能です。緊張を和らげてリラックスさせることで、汗を抑制することができる可能性があります。

 

しかし、直接的に汗を抑制する効果がある薬があります。それを使うことによって、汗をかくときに交感神経から出ている物質を抑制することができます。この薬を使うと、手のひらや足の裏のような部分的な汗だけでなく、全身に作用するようになります。ただし、副作用が出てくる可能性があります。必ず、医師の診断を受けてから服用するようにしてください。

TOPへ