交感神経遮断手術

多汗症を治す対策法のひとつとして、手術をするという方法があります。手術をすることによって、多汗症による局所的な発汗を抑制する効果があります。しかし、手術と言うと、皆さん大事のように感じてしまい、大変なことになったと感じる方も少なくないかもしれません。この交感神経遮断手術が日本で認められたのは、極最近のことです。ですから、歴史的にはまだ浅いですが、技術の進歩は目覚ましものがあります。今では日帰りで手術ができるくらいにまで進歩しています。

 

具体的にはどういう手術をするかというと、わきの下を2ミリほど切開して、そこにある交感神経を遮断します。手術痕を縫合する必要もないので、手術は簡単に終了します。また、この傷も1ヶ月ほどで分からない位にまで回復するので、心配する必要はありません。

 

多汗症の人が抱えている悩みは、周りの人が考えている以上に、本人にとっては深刻なものです。悩み過ぎて、外に出るのも嫌になってしまうという可能性すらあります。ですから、こういう多汗症の人にとって、この手術は本当に嬉しい情報なのではないかと思います。

 

多汗症は、まだまだ認知度が低いため、周囲になかなか分かってもらえなかったり、本人も多汗症だとは気が付いていなかったりするので、分かりにくい病気であると言えます。
多汗症も、汗をかくとタオルが必要なこともあるようです。それも、暑くもないのに汗をかいてしまうのです。まず、自分の汗の症状などを客観的に見てみましょう。そして、何かおかしいと感じたら、病院に行ってみるなど、早めの対策をすることをおすすめします。

TOPへ