手術による多汗症対策

多汗症対策には、様々な方法がありますが、ここでは、手術とレーザーで治療する方法をご紹介したいと思います。多汗症の対策、というかむしろ多汗症の治療方法として、手術という選択肢があります。どういう手術かと言うと、簡単に言えば、交感神経を遮断する方法です。交感神経を遮断することで、発汗を抑制することができます。

 

例えば、手のひらの汗を抑制するためには、胸部交感神経を遮断します。手術は、わきの下を少し切開し、そこからスコープを入れ、交感神経を遮断するという方法で行います。傷口も小さく、手術時間も比較的短いため、体に負担があまりかからず手術することが可能です。別の箇所で言うと、足の裏の場合は腰椎にある交感神経を遮断します。心配なのは、副作用だと思いますが、場合によっては、手術した場所以外の場所の汗の量が、一時的に増える可能性があります。

 

次に、レーザーによる治療ですが、これは手術とは異なり、メスを使わず、レーザーで汗を出している汗腺を直接照射して焼ききるという方法です。治療時間も短く、傷口はないため、日帰り施術が可能です。レーザーの先端を汗腺に入れる際に多少痛みが伴いますが、リラックス麻酔を使うことができますので、無痛で行うことも可能です。

 

どちらの方法にしても、短時間で、かつ大きなリスクを伴う必要がなく、多汗症対策をすることが可能です。ただし、手術と名前がつく以上、ちょっと受けるのに勇気が必要かもしれません。しかし、通常の対策では物足りないとか、ダメかもしれないと感じる人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?悩みが軽くなる可能性が大きいと思います。

TOPへ