多汗症治療の種類

多汗症対策の治療法のひとつに、トリプルサクション法という方法があります。聞きなれない言葉と思う方も多いかもしれません。多汗症対策のために手術をした場合、手術後に圧迫固定をしなければなりませんが、トリプルサクション法の場合は、それをあまりしなくてもいい治療方法です。

 

この治療方法の方法は、まず汗がでる場所の汗腺をレーザーで燃焼させ、さらにシェービングで除去させます。この方法の利点としては、傷口が小さいので女性でも気にする必要はないと言うこと、また、臭いや汗の大元の汗腺を切除してしまえるということ、術後の皮膚の合併症が起こりにくいことなどが挙げられます。

 

次に、多汗症の対策として挙げられるのは、薬用クリームを使用することです。アルミニウム化合物を含んだクリームを使用することで、多汗症やワキガの改善に有効とされています。なぜかと言うと、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という汗の出入口のところを、アルミニウム化合物を使用することにより、塞ぐことが可能だからです。汗の出口を塞ぐと汗が出にくくなる、汗が少ないと臭いも発生しにくくなるというわけです。しかし、赤みやかゆみなどの副作用が出る場合もあります。必ず事前にパッチテストなどをしておくことをおすすめします。

 

また、ボトックスを使用した対策法もあります。ボトックスというと、美容のイメージが強いかもしれません。ボトックスは交感神経の活発化を抑える効果があるため、汗の量も抑制することが可能です。しかし、効果の持続制はあまり期待できないので、定期的な使用が必要となります。

TOPへ