多汗症対策の方法

多汗症と一言に言っても、種類があります。大きく分けると、生理的多汗という治療を必要としない多汗症、そして、病気の症状としと現れる特殊な多汗症の、2つの種類があります。多汗症とは言っても、多汗症の人ばかりが汗をかくわけではありません。夏になり暑くなれば誰でも汗をかくし、スポーツをしたりしても汗をかきます。また、かく量も増えることになります。

 

汗をかく場所ですが、人間は、特に、顔、頭部、掌、足の裏、脇の下など、身体の中心となるところか、関節部分に多く汗をかく傾向にあります。また、そこだけではなく、ある一定の温度になると、身体全体の毛穴が開いてしまい、汗を出すようになるので、いろいろなところから汗が出るようになります。

 

汗をかくと、何より気になるのは、その臭いだと思います。本来、汗自体は臭いを発していませんが、汗を放置することによって、雑菌や皮脂と混ざってしまい、悪臭を放つようになります。ですから、対策としては、汗をかいたらこまめに拭き取るようにすることが重要です。

 

また、体毛は、雑菌を繁殖させやすいものです。ですから、特に、女性の場合は、ワキ毛や手足の毛など、処理できるところは処理した方が、臭いを発生させる原因を抑えることができます。汗対策ですが、汗をかいたら、ハンカチなどで拭き取るのも有効ですが、できれば冷たいハンカチやタオルなどを使用した方が、より汗を抑制させてくれる効果が高まります。

 

また、制汗剤などを使用することで、雑菌効果や消臭効果も期待できます。ただし、食の安全性を考えた上で、酢を薄めたものを使用するのもいいと思います。同様の効果が期待できます。

TOPへ