多汗症の治療はどこでやるの?

多汗症の対策をしたり、本格的に治療したくても、どこで治療したらいいのか、実際にはよくわからないものだと思います。ここで、少しご紹介してみたいと思います。

 

 

・皮膚科
多汗症の汗は皮膚から出されていますので、皮膚科でも治療が可能です。まず、皮膚科を受診されてみてはいかがでしょうか?

 

・精神科、心療内科
多汗症は、精神性発汗の場合が多いです。ストレス、緊張、不安などが原因で、汗を引き起こしてしまうケースが多々あります。精神面での治療が必要なら、精神科や心療内科などを受診してみてはいかがでしょうか?

 

・美容外科
汗腺を焼くなど、美容面やワキガなどの治療を美容外科で行っているところもあります。

 

このように、多汗症と一言で言っても、症状や原因によって、受診する科も異なってきます。自分に合っていると思う科を検討した上で受診してみましょう。また、複数の科を受診してみるのも、効率的に治療や改善ができて良いと思います。次に、治療に関する説明をします。

 

 

・心療治療

 

多汗症の主な原因として挙げられるのは、精神性発汗という、精神的なものからきているものです。ストレス、不安、緊張などが引き金になるというケースが多いです。かといって、多汗症の原因は、全てが精神的なものかと言えば、そうとも言い切れません。心療治療によっては、発汗量が抑制され、改善に向かう場合もあります。

 

具体的な治療方法としては、交感神経と副交感神経のバランスを整えるために、自律神経訓練法を行います。また、カウンセリングを行うことにより、精神的な面を治療します。これによって、症状が改善に向かう場合もあります。

TOPへ