多汗症の手術・治療

多汗症の対策をしたり、本格的に治療したくても、どこで治療したらいいのか、実際にはよくわからないものだと思います。ここで、少しご紹介してみたいと思います。

 

 

・皮膚科
多汗症の汗は皮膚から出されていますので、皮膚科でも治療が可能です。まず、皮膚科を受診されてみてはいかがでしょうか?

 

・精神科、心療内科
多汗症は、精神性発汗の場合が多いです。ストレス、緊張、不安などが原因で、汗を引き起こしてしまうケースが多々あります。精神面での治療が必要なら、精神科や心療内科などを受診してみてはいかがでしょうか?

 

・美容外科
汗腺を焼くなど、美容面やワキガなどの治療を美容外科で行っているところもあります。

 

このように、多汗症と一言で言っても、症状や原因によって、受診する科も異なってきます。自分に合っていると思う科を検討した上で受診してみましょう。また、複数の科を受診してみるのも、効率的に治療や改善ができて良いと思います。次に、治療に関する説明をします。

 

 

・心療治療

 

多汗症の主な原因として挙げられるのは、精神性発汗という、精神的なものからきているものです。ストレス、不安、緊張などが引き金になるというケースが多いです。かといって、多汗症の原因は、全てが精神的なものかと言えば、そうとも言い切れません。心療治療によっては、発汗量が抑制され、改善に向かう場合もあります。

 

具体的な治療方法としては、交感神経と副交感神経のバランスを整えるために、自律神経訓練法を行います。また、カウンセリングを行うことにより、精神的な面を治療します。これによって、症状が改善に向かう場合もあります。

多汗症と一言に言っても、種類があります。大きく分けると、生理的多汗という治療を必要としない多汗症、そして、病気の症状としと現れる特殊な多汗症の、2つの種類があります。多汗症とは言っても、多汗症の人ばかりが汗をかくわけではありません。夏になり暑くなれば誰でも汗をかくし、スポーツをしたりしても汗をかきます。また、かく量も増えることになります。

 

汗をかく場所ですが、人間は、特に、顔、頭部、掌、足の裏、脇の下など、身体の中心となるところか、関節部分に多く汗をかく傾向にあります。また、そこだけではなく、ある一定の温度になると、身体全体の毛穴が開いてしまい、汗を出すようになるので、いろいろなところから汗が出るようになります。

 

汗をかくと、何より気になるのは、その臭いだと思います。本来、汗自体は臭いを発していませんが、汗を放置することによって、雑菌や皮脂と混ざってしまい、悪臭を放つようになります。ですから、対策としては、汗をかいたらこまめに拭き取るようにすることが重要です。

 

また、体毛は、雑菌を繁殖させやすいものです。ですから、特に、女性の場合は、ワキ毛や手足の毛など、処理できるところは処理した方が、臭いを発生させる原因を抑えることができます。汗対策ですが、汗をかいたら、ハンカチなどで拭き取るのも有効ですが、できれば冷たいハンカチやタオルなどを使用した方が、より汗を抑制させてくれる効果が高まります。

 

また、制汗剤などを使用することで、雑菌効果や消臭効果も期待できます。ただし、食の安全性を考えた上で、酢を薄めたものを使用するのもいいと思います。同様の効果が期待できます。

多汗症対策の治療法のひとつに、トリプルサクション法という方法があります。聞きなれない言葉と思う方も多いかもしれません。多汗症対策のために手術をした場合、手術後に圧迫固定をしなければなりませんが、トリプルサクション法の場合は、それをあまりしなくてもいい治療方法です。

 

この治療方法の方法は、まず汗がでる場所の汗腺をレーザーで燃焼させ、さらにシェービングで除去させます。この方法の利点としては、傷口が小さいので女性でも気にする必要はないと言うこと、また、臭いや汗の大元の汗腺を切除してしまえるということ、術後の皮膚の合併症が起こりにくいことなどが挙げられます。

 

次に、多汗症の対策として挙げられるのは、薬用クリームを使用することです。アルミニウム化合物を含んだクリームを使用することで、多汗症やワキガの改善に有効とされています。なぜかと言うと、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という汗の出入口のところを、アルミニウム化合物を使用することにより、塞ぐことが可能だからです。汗の出口を塞ぐと汗が出にくくなる、汗が少ないと臭いも発生しにくくなるというわけです。しかし、赤みやかゆみなどの副作用が出る場合もあります。必ず事前にパッチテストなどをしておくことをおすすめします。

 

また、ボトックスを使用した対策法もあります。ボトックスというと、美容のイメージが強いかもしれません。ボトックスは交感神経の活発化を抑える効果があるため、汗の量も抑制することが可能です。しかし、効果の持続制はあまり期待できないので、定期的な使用が必要となります。

多汗症対策には、様々な方法がありますが、ここでは、手術とレーザーで治療する方法をご紹介したいと思います。多汗症の対策、というかむしろ多汗症の治療方法として、手術という選択肢があります。どういう手術かと言うと、簡単に言えば、交感神経を遮断する方法です。交感神経を遮断することで、発汗を抑制することができます。

 

例えば、手のひらの汗を抑制するためには、胸部交感神経を遮断します。手術は、わきの下を少し切開し、そこからスコープを入れ、交感神経を遮断するという方法で行います。傷口も小さく、手術時間も比較的短いため、体に負担があまりかからず手術することが可能です。別の箇所で言うと、足の裏の場合は腰椎にある交感神経を遮断します。心配なのは、副作用だと思いますが、場合によっては、手術した場所以外の場所の汗の量が、一時的に増える可能性があります。

 

次に、レーザーによる治療ですが、これは手術とは異なり、メスを使わず、レーザーで汗を出している汗腺を直接照射して焼ききるという方法です。治療時間も短く、傷口はないため、日帰り施術が可能です。レーザーの先端を汗腺に入れる際に多少痛みが伴いますが、リラックス麻酔を使うことができますので、無痛で行うことも可能です。

 

どちらの方法にしても、短時間で、かつ大きなリスクを伴う必要がなく、多汗症対策をすることが可能です。ただし、手術と名前がつく以上、ちょっと受けるのに勇気が必要かもしれません。しかし、通常の対策では物足りないとか、ダメかもしれないと感じる人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?悩みが軽くなる可能性が大きいと思います。

多汗症を治したいと考えたとき、多汗症の対策としては、様々な方法があります。しかし、どの方法にも、メリット、デメリットがあります。自分の症状・目的に合わせ、適正な治療や対策を選ぶことが大切です。

 

多汗症対策には、治療をするという概念が存在します。治療には、手術が必要なもの、手術をしなくてもいいものがあります。多汗症対策で治療というと、手術しなければダメなのかと思いがちですが、そんなことはありません。手術をしてしまうと、元には戻りません。

 

また、小さいとはいえ肌に傷つけることには変わりありません。従って、手術は最後の手段として考えるのがいいと思います。そのためには、病院をひとつ受診して、手術と言われたからと諦めず、セカンドオピニオン的に、何ヵ所か回ってみると、意外と別の治療法を提案してくるところが見つかるかもしれません。多汗症は、命に関わる病気ではないので、焦らずじっくり対策を考えましょう。

 

では、多汗症の手術には、どういうものがあるのでしょうか?まず、ボトックス注射という治療法があります。これは、ボツリヌス菌を体内に入れることで、交換神経を抑制し、汗腺の働きを一時的ではありますがブロックするというものです。

 

また、精神性発汗の場合、ストレス、不安、緊張などが原因となっている場合が多いため、精神療法が効果的とされています。精神療法をすることによって、汗を抑制することが可能となる治療方法です。この場合は、手術の必要はありません。

多汗症を治す対策法のひとつとして、手術をするという方法があります。手術をすることによって、多汗症による局所的な発汗を抑制する効果があります。しかし、手術と言うと、皆さん大事のように感じてしまい、大変なことになったと感じる方も少なくないかもしれません。この交感神経遮断手術が日本で認められたのは、極最近のことです。ですから、歴史的にはまだ浅いですが、技術の進歩は目覚ましものがあります。今では日帰りで手術ができるくらいにまで進歩しています。

 

具体的にはどういう手術をするかというと、わきの下を2ミリほど切開して、そこにある交感神経を遮断します。手術痕を縫合する必要もないので、手術は簡単に終了します。また、この傷も1ヶ月ほどで分からない位にまで回復するので、心配する必要はありません。

 

多汗症の人が抱えている悩みは、周りの人が考えている以上に、本人にとっては深刻なものです。悩み過ぎて、外に出るのも嫌になってしまうという可能性すらあります。ですから、こういう多汗症の人にとって、この手術は本当に嬉しい情報なのではないかと思います。

 

多汗症は、まだまだ認知度が低いため、周囲になかなか分かってもらえなかったり、本人も多汗症だとは気が付いていなかったりするので、分かりにくい病気であると言えます。
多汗症も、汗をかくとタオルが必要なこともあるようです。それも、暑くもないのに汗をかいてしまうのです。まず、自分の汗の症状などを客観的に見てみましょう。そして、何かおかしいと感じたら、病院に行ってみるなど、早めの対策をすることをおすすめします。

多汗症対策のための治療法のひとつに、インフォレーゼという治療法があります。これは、多汗症やワキガの治療法として有効なものとして知られています。この治療方法は、ワキガの治療のために開発されたもので、病院ではなく、通常、エステで行われる治療方法です。

 

このインフォレーゼの治療では、電気を流します。電極にホルマリン溶液を浸したガーゼを巻きつけ、脇にあて、アポクリン汗腺の分泌口を破壊します。その結果、汗の分泌量が少なくなるので、ワキガ治療になります。また、多汗症の改善にも繋がってきます。これだけ聞くと、簡単に治療ができるので、画期的と思う人も多いことでしょう。しかし、この治療は、1〜2週間位しか効果が持続しないため、継続的な治療が必要になるということが、最大の欠点です。

 

しかし、もちろん、利点もあります。短期間ですが、ワキガの症状を軽減させることができますし、消臭効果も期待できます。また、多汗症も多少改善されます。また、皮膚に対するダメージも少ないということも、大きな利点として挙げられます。

 

また、ワキガの原因になっている細菌の繁殖を防ぐ方法としては、脇毛の脱毛も効果があります。これは、アポクリン汗腺を完全には破壊していないため、症状を軽減させることしかできないのですが、精神的にも余裕が出てくることがありますので、多汗症の対策にはなります。こういった治療方法も、多汗症対策のひとつとして候補に入れてみてはいかがでしょうか。多汗症やワキガが軽減されることで、精神的にも余裕ができて、さらに改善されていくことと思います。

多汗症対策のためには、病院での治療が必要となる場合があります。多汗症の原因には、様々なことが考えられます。それは、ストレスや不安・緊張などからくる精神的なことが原因の場合が多いようです。その場合、心身治療が有効の場合があります。この方法は、全ての症状について有効であるとは限りませんが、症状が軽減されるというケースが多々あるようです。

 

また、汗をかくことに対しての恐怖感や緊張感などを強く感じてしまって、余計に汗をかいてしまうという人もいるでしょう。そういった人こそ、心身治療が効果的なのではないかと思います。心身治療の方法についてですが、主に、カウンセリングを行い、汗に対する恐怖感や緊張感を徐々に取り除いていきます。交換神経や副交感神経というような、自律神経のバランスを整えるという方法で行うようです。

 

また、汗に対する恐怖感や不安感を抑えるために、精神安定剤が処方されるなど、薬物による治療方法も選択肢としてあげられます。この方法では、直接汗を止める効果はありませんが、緊張を和らげることが可能です。緊張を和らげてリラックスさせることで、汗を抑制することができる可能性があります。

 

しかし、直接的に汗を抑制する効果がある薬があります。それを使うことによって、汗をかくときに交感神経から出ている物質を抑制することができます。この薬を使うと、手のひらや足の裏のような部分的な汗だけでなく、全身に作用するようになります。ただし、副作用が出てくる可能性があります。必ず、医師の診断を受けてから服用するようにしてください。

多汗症を予防・改善するための対策法として、自律訓練法という方法がありますが、ご存知でしょうか。発汗に作用しているのは、自律神経の働きです。従って、その働きを整えることによって、過度の緊張をほぐし、リラックスした状態にもっていき、発汗を軽減させるという方法が、自律神経訓練法です。

 

この方法は、ドイツの精神科医であるシュルツという人が開発したリラクセーション法を元にしているものです。意図的にリラックス状態を作り出し、精神面へ効果をもたらせるという効果を期待するというものです。

 

一石二鳥とはいきませんが、毎日、2〜3回訓練することによって、効果が出てくるそうです。この方法は、よくスポーツ選手も使っている方法のだそうです。交感神経が活発化すると、発汗量が増え、副交感神経が活発化すると(主に睡眠中など)、精神性発汗が抑制されます。このことを踏まえて、体を意図的にリラックス状態に持っていけるようにして、副交感神経を活発化させ、発汗量を抑えるようにするのが自律神経訓練法です。

 

効果の程は、多汗症の状態にもよりますが、多汗症の種類が、精神性発汗のように、汗をかくことに対して意識が行くたびに汗の量が増えるという場合など、リラックスさせる効果が得られるという点で評価されているようです。また、この方法は、多汗症対策だけでなく、体をリラックスさせるためのリラックス法としても利用できる方法です。また、この訓練と同時進行で、薬物療法を行うことによって、より多汗症対策を効果的に進めることができるのではないかと思います。

多汗症の対策に悩んでいる人にとって、その治療法や対策法は、とても気になるものだと思います。治療方法の一つとして、音楽療法という方法があることは、ご存知でしょうか?

 

音楽療法とは、投薬と音楽で治療する方法です。抗不安薬を一日15mg位投薬し、2週に1〜2回のペースで音楽を聴いて、多汗症の治療をするというものです。1回に聞く音楽の時間は30分ほどです。その前後で、気分を落ち着かせるために、10分間ほど安静にすることになっています。その治療の経過を、発刊量、脈拍数、血圧など計測して、本人に見せて確認させることにより、これほど効果があるんだよという認識を持たせるということも行っているようです。

 

音楽療法は、多汗症の対策をしたいと考えている人の中には、例えば、小さいときから、異性と話をしたりするときや、何か嫌なことがあったりするときに、手のひらに汗をかいてしまったり、足の裏、脇、顔、頭部などに特に多く汗をかいてしまって困ってしまったという状況を何度も経験しているという方がいます。薬物療法や心療療法など、他の治療法をしても効果が無かった人がやってみると、効果が出るというケースもあるそうです。

 

音楽療法をやってみて、実際に発汗量などが抑えられた場合、音楽によって抑えられたという事実が、本人に認識され、汗の量を自分でコントロールできるんだという状態まで持っていくことが可能になります。それによって、自信がつき、多汗症の症状が改善されていきます。音楽療法で、多汗症対策というものも、実際にやってみてはいかがでしょうか。

TOPへ