豆類中心の食事が効果的

多汗症の人は、汗をかくということに対して反応するものです。食事を食べるときでも、気にする人は多いと思います。特に、刺激の強い食事、例えば、香辛料が強い食事、辛い食事、熱い食事などは、汗をかきやすく、一度汗をかくと、多汗症を引き起こす原因になってしまうこともあります。

 

まず、多汗症対策として簡単にできることは、上記にあげたような刺激の強いもの、辛いものを、なるべく摂取し過ぎないということです。ちょっと考えただけでも、食べ物や食事が多汗症の対策としてとても重要だということが分かると思います。また、多汗症対策として有効な食べ物は、豆類と言われています。

 

豆類は、女性ホルモンに発汗を抑制する作用、汗をかいてもサラサラにしてくれる作用があるということは、ご存知でしょうか?これにより、女性ホルモンがあると、多汗症対策に効果的だということも分かります。これを食事から摂取しようとした場合、主に大豆や納豆や豆腐などの豆類に含まれているイソフラボンという成分が、女性ホルモンに似ている成分が含まれているとされていますので、豆類を摂取するようにすれば、多汗症対策になるというわけです。

 

豆類というのは、多汗症対策だけでなく、健康にも効果が期待できる食品として知られています。納豆や豆腐など、いろいろな種類の食品から摂取することが可能です。多汗症対策に限らず、健康的に過ごすためにも、豆類をよくとるようにしましょう。また、多汗症対策には、刺激が強い食品も避けるようにすると、より効果的に対策ができるようになります。

TOPへ