食生活を改善する

多汗症の原因は、ストレス、緊張、不安など、精神的なものが大きく関わっています。しかし、それだけではなく、食事によっても、汗をかいてしまうことがあります。ですから、食生活を改善することで、ある程度解消することが可能な多汗症の症状もあるということです。

 

それでは、どのように改善すると効果があるのでしょうか。例えば、以下のようなことに注意してみてはいかがでしょうか。

 

・辛いものなど、刺激物の摂取を控えるようにする
・肉類など、動物性脂肪の過剰摂取を控えるようにする
・夏に、体が暑いからと、冷たいものばかり摂取しない
・食事をするときは、なるべく楽しみながらとるようにする

 

上記のようなことが挙げられます。辛いものや刺激物を摂取したときには、味覚性発汗と言って、汗をかくのは普通のことですが、それが過剰になると、味覚性多汗症という多汗症になる可能性があります。

 

また、肉類を摂取すると、体温が上がります。これによって汗をかいてしまうのですが、さらに、皮脂線から皮脂もでますので、臭いの原因になると思います。体臭が気になると言う方は、この点にも注意が必要になってくると思います。

 

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうというように、思い込むのも発汗を促してしまう結果になってしまいます。これは、ストレスや緊張に繋がりますので、精神性発汗ということになります。食事をするときは、汗のことは気にせず、楽しく食事をしましょう。それが結果的には、汗をかかないようなことに繋がっていくからです。

TOPへ