制汗剤を使用する

多汗症の対策の方法としては、一時的な処置ではありますが、制汗剤を使用するというのも有効な方法です。制汗剤には、現在、とてもたくさんの種類のものが市販されています。自分の好みや用途に合わせて、使い分けるのがいいでしょう。

 

なぜ、多汗症に制汗剤が有効なのかと言うと、制汗剤を使用すると、毛細血管が収縮され、汗が抑制されるようになります。また、塩化アルミニウムを利用すると、制汗効果が高まるために、多汗症には良いとされています。

 

さらに、多汗症の人の悩みとしては、「臭い」もとても気になるところだと思います。汗をかくと、同時にそれは体臭に変わってしまう可能性があり、制汗剤には、消臭効果もあるので、さらに有効なのではないかと思います。ただし、注意しなければならないのは、消臭効果があるタイプの制汗剤を使用するときには、無香タイプのものを選んだ方が良いと言うことです。臭いの上に臭いを重ねてしまうと、結果的に悪臭になってしまう場合があります。そうならないよう、無香タイプを選ぶことをおすすめします。

 

また、制汗剤の中でも、デオドラントタイプのものが、抗菌、殺菌に効果があり、臭いや汗に効果があります。ただし、過剰に使用し過ぎると、肌が本来持っている殺菌効果にも影響がでてきてしまう可能性があります。逆に効果が得られなくなる可能性がありますので、注意して使用しましょう。このように、制汗剤を利用して、汗や臭いを抑制してくれるので、用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか?ただし、頼り過ぎには注意するようにしてください。

TOPへ