肌を清潔に保つ

根本的な多汗症対策とは言えないかもしれませんが、多汗症の人は、肌を常に清潔に保つということがとても大切です。多汗症の人がかく汗は、直接臭いには結びつきにくいので、まだいいのですが、それでも、汗を放っておくと、細菌と汗が混ざり、結果的に臭いを発生させてしまう可能性があります。また、ワキガなど、体臭も気になるという方は、汗をかくことにより、より臭いが強くなってしまう可能性があります。

 

最も良いのは、シャワーを浴びて汗を洗い流すことです。しかし、汗をかくたびにお風呂に入ることは、現実的には無理だと思いますし、社会生活を送っている以上、無理な話でしょう。そういった場合は、汗をハンカチで拭き取ったり、市販されている体を拭くシートを使ったりして、肌を清潔に保つということが重要になってきます。

 

次に、洋服についてですが、夏など、グレーのTシャツを着ると、脇汗が気になるから着られないなど思ったことはないでしょうか?気を付けようと思えば思うほど、汗をかいてしまったりするものです。

 

多汗症の原因として、精神性多汗症が大きく関わっているケースが多いとされています。汗が気になると思えば思うほど、汗をかいてしまうものです。ですから、汗が目立たない洋服を着て、「汗をかいても平気」と、いい意味で開き直ることも大切かもしれません。例えば、今まで1枚で着ていたものを、もう1枚重ねて着ることで、汗も目立たなくなるし、目立たなくなると精神的にも余裕ができるために、精神性発汗が少なくなり、いいことだらけです。

 

精神的にもゆとりを持ち、肌も清潔にすることによって、多汗症対策につながっていきますので、ぜひ実行してみてください。

TOPへ