自分でできる多汗症対策

多汗症で悩んでいる人の中には、同時に、体臭やワキガなど、臭いについても悩んでいるという人が多いと思います。多汗症の人に限らず、汗をかいたら、ハンカチ、タオル、汗拭きシートなどでこまめに拭き取るようにしましょう。肌をなるべく清潔に保ち、臭いを出さないようにすることが大切です。制汗剤も、汗を抑制することはできても、完全には止めることはできませんが、多汗症対策としては、有効なものです。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

汗の臭いが臭い人は、運動をあまりしなくて、エアコンなど、体温調節が必要ない環境に慣れてしまっていて、入浴もシャワーのみという人に特に多く見られるようです。多汗症対策として有効な入浴の方法は、湯船につかって汗をかくという方法です。高温手足浴(足は膝下、手はひじ下をお湯につける)、半身浴、全身浴をして汗をかくようにすると、サラサラとした汗をかくようになります。こういった汗は、臭いがありません。これは良い汗で、多汗症対策に繋がっていきます。

 

こういった入浴法を繰り返すことによって、体の抵抗力も養われてきます。また、汗腺機能も改善されていきます。また、リラックスすることによって、交換神経と副交換神経のバランスが整えられ、自律神経の働きを改善することができます。そして、結果的に、多汗症対策に繋がることになります。

 

ただし、体質的なことが多汗症の原因の場合、効果は低いかもしれません。その場合は別の対策が必要になると思います。良い汗をかくことが多汗症対策に繋がっていきます。効果的な入浴方法を、ぜひ実行してみてはいかがでしょうか。

根本的な多汗症対策とは言えないかもしれませんが、多汗症の人は、肌を常に清潔に保つということがとても大切です。多汗症の人がかく汗は、直接臭いには結びつきにくいので、まだいいのですが、それでも、汗を放っておくと、細菌と汗が混ざり、結果的に臭いを発生させてしまう可能性があります。また、ワキガなど、体臭も気になるという方は、汗をかくことにより、より臭いが強くなってしまう可能性があります。

 

最も良いのは、シャワーを浴びて汗を洗い流すことです。しかし、汗をかくたびにお風呂に入ることは、現実的には無理だと思いますし、社会生活を送っている以上、無理な話でしょう。そういった場合は、汗をハンカチで拭き取ったり、市販されている体を拭くシートを使ったりして、肌を清潔に保つということが重要になってきます。

 

次に、洋服についてですが、夏など、グレーのTシャツを着ると、脇汗が気になるから着られないなど思ったことはないでしょうか?気を付けようと思えば思うほど、汗をかいてしまったりするものです。

 

多汗症の原因として、精神性多汗症が大きく関わっているケースが多いとされています。汗が気になると思えば思うほど、汗をかいてしまうものです。ですから、汗が目立たない洋服を着て、「汗をかいても平気」と、いい意味で開き直ることも大切かもしれません。例えば、今まで1枚で着ていたものを、もう1枚重ねて着ることで、汗も目立たなくなるし、目立たなくなると精神的にも余裕ができるために、精神性発汗が少なくなり、いいことだらけです。

 

精神的にもゆとりを持ち、肌も清潔にすることによって、多汗症対策につながっていきますので、ぜひ実行してみてください。

多汗症になってしまう原因には、ストレス・不安・緊張など、精神的なものが深く関わっているとされています。ですから、対策としては、ストレスを溜めないようリラックスする時間を作ることが大切になってきます。簡単に言ってしまいましたが、このように、ストレス・不安・緊張が原因で汗をかくことを、精神性発汗と言います。これは、ストレスを感じると、自律神経のバランスが偏り、交感神経が優位になってしまうことによってかくものです。

 

通常、交感神経と副交感神経は、バランスを保っています。しかし、何か自律神経に影響があると偏ってしまいます。ですから、自律神経を整えることが必要になってきます。そのためには、リラックスできる生活環境を作ることが大事です。しかし、現代社会では、ストレスを無くすと言う生活は不可能でしょう。なるべくストレスが発散できるようなこと、例えば、スポーツ、カラオケ、アロマテラピーなどをするように心がけると良いでしょう。

 

汗をかいてしまうと嫌だなと思ってしまうかもしれません。自律神経と言うのは、自分では思うようにコントロールできないものです。汗をかいてはいけない、汗をかきたくないと思えば思うほど、ストレスや緊張を感じてしまい、余計汗をかいてしまう結果になってしまいます。難しいかもしれませんが、ひとつの対策としては、「汗をかいてしまったけど仕方ない」と言うように、開き直ることも大切です。

 

精神性発汗は、気にし過ぎや考え過ぎが原因で起こることが多いものです。性格的なものだから、直すことはなかなか難しいとは思いますが、心療内科などに一度診てもらうというのも良いのではないでしょうか。

多汗症の対策の方法としては、一時的な処置ではありますが、制汗剤を使用するというのも有効な方法です。制汗剤には、現在、とてもたくさんの種類のものが市販されています。自分の好みや用途に合わせて、使い分けるのがいいでしょう。

 

なぜ、多汗症に制汗剤が有効なのかと言うと、制汗剤を使用すると、毛細血管が収縮され、汗が抑制されるようになります。また、塩化アルミニウムを利用すると、制汗効果が高まるために、多汗症には良いとされています。

 

さらに、多汗症の人の悩みとしては、「臭い」もとても気になるところだと思います。汗をかくと、同時にそれは体臭に変わってしまう可能性があり、制汗剤には、消臭効果もあるので、さらに有効なのではないかと思います。ただし、注意しなければならないのは、消臭効果があるタイプの制汗剤を使用するときには、無香タイプのものを選んだ方が良いと言うことです。臭いの上に臭いを重ねてしまうと、結果的に悪臭になってしまう場合があります。そうならないよう、無香タイプを選ぶことをおすすめします。

 

また、制汗剤の中でも、デオドラントタイプのものが、抗菌、殺菌に効果があり、臭いや汗に効果があります。ただし、過剰に使用し過ぎると、肌が本来持っている殺菌効果にも影響がでてきてしまう可能性があります。逆に効果が得られなくなる可能性がありますので、注意して使用しましょう。このように、制汗剤を利用して、汗や臭いを抑制してくれるので、用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか?ただし、頼り過ぎには注意するようにしてください。

多汗症で悩んでいる人なら、もし有効な改善策や対策方法があるとしたら、誰もがぜひ教えてもらって実行してみたいと思うことと思います。多汗症対策には適度な運動が有効だと言うことを、皆さんはご存知でしょうか?

 

多汗症対策に運動?と思うかもしれませんが、適度な運動は、多汗症対策として、汗を防ぐことにも改善することにも有効なことなのです。運動をすると、肥満の予防および改善に確実につながります。肥満の方は、比較的多汗症の方が多いので、肥満を改善することによって、多汗症も改善できるというわけです。

 

ここで、原因について説明してみたいと思います。多汗症やワキガなど、体臭の原因にもなるのが、乳酸という疲労物質です。乳酸は、適度な運動をすることにより、この疲労物質を体内に溜め込むのを防ぐ役割をしています。しかし、運動不足になると、どんどん溜め込むようになってしまい、結果的に、多汗症やワキガの原因となってしまいます。

 

この疲労物質である乳酸を溜め込まないような運動とは、どんな運動でしょうか。それは、ウォーキング、軽いジョギング、スイミングなどがあげられます。どれも適度というところが大切です。過剰にやり過ぎてしまうと、逆に体が疲れてしまい、疲労物質である乳酸が溜まってしまうので、注意してください。

 

上記のようなことを踏まえると、乳酸が溜まると汗くささも強まると言うことになります。多汗症、体臭、どちらにしても、適度に運動をすることで、予防や改善ができるのであれば、ぜひ実行してみてはいかがでしょうか。

多汗症の原因は、ストレス、緊張、不安など、精神的なものが大きく関わっています。しかし、それだけではなく、食事によっても、汗をかいてしまうことがあります。ですから、食生活を改善することで、ある程度解消することが可能な多汗症の症状もあるということです。

 

それでは、どのように改善すると効果があるのでしょうか。例えば、以下のようなことに注意してみてはいかがでしょうか。

 

・辛いものなど、刺激物の摂取を控えるようにする
・肉類など、動物性脂肪の過剰摂取を控えるようにする
・夏に、体が暑いからと、冷たいものばかり摂取しない
・食事をするときは、なるべく楽しみながらとるようにする

 

上記のようなことが挙げられます。辛いものや刺激物を摂取したときには、味覚性発汗と言って、汗をかくのは普通のことですが、それが過剰になると、味覚性多汗症という多汗症になる可能性があります。

 

また、肉類を摂取すると、体温が上がります。これによって汗をかいてしまうのですが、さらに、皮脂線から皮脂もでますので、臭いの原因になると思います。体臭が気になると言う方は、この点にも注意が必要になってくると思います。

 

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうというように、思い込むのも発汗を促してしまう結果になってしまいます。これは、ストレスや緊張に繋がりますので、精神性発汗ということになります。食事をするときは、汗のことは気にせず、楽しく食事をしましょう。それが結果的には、汗をかかないようなことに繋がっていくからです。

多汗症の人は、汗をかくということに対して反応するものです。食事を食べるときでも、気にする人は多いと思います。特に、刺激の強い食事、例えば、香辛料が強い食事、辛い食事、熱い食事などは、汗をかきやすく、一度汗をかくと、多汗症を引き起こす原因になってしまうこともあります。

 

まず、多汗症対策として簡単にできることは、上記にあげたような刺激の強いもの、辛いものを、なるべく摂取し過ぎないということです。ちょっと考えただけでも、食べ物や食事が多汗症の対策としてとても重要だということが分かると思います。また、多汗症対策として有効な食べ物は、豆類と言われています。

 

豆類は、女性ホルモンに発汗を抑制する作用、汗をかいてもサラサラにしてくれる作用があるということは、ご存知でしょうか?これにより、女性ホルモンがあると、多汗症対策に効果的だということも分かります。これを食事から摂取しようとした場合、主に大豆や納豆や豆腐などの豆類に含まれているイソフラボンという成分が、女性ホルモンに似ている成分が含まれているとされていますので、豆類を摂取するようにすれば、多汗症対策になるというわけです。

 

豆類というのは、多汗症対策だけでなく、健康にも効果が期待できる食品として知られています。納豆や豆腐など、いろいろな種類の食品から摂取することが可能です。多汗症対策に限らず、健康的に過ごすためにも、豆類をよくとるようにしましょう。また、多汗症対策には、刺激が強い食品も避けるようにすると、より効果的に対策ができるようになります。

TOPへ