多汗症対策とエチケット

多汗症とは、簡単に言うと、汗をたくさんかく人のことをいいます。季節を問わずたくさんの汗をかいてしまうため、臭いもかなり気になるところだと思います。汗をかいたら、なるべくすぐにシャワーを浴びるのが良いとは思いますが、それは現実的にはなかなか難しいことです。しかし、清潔さを保つことは大事だと思いますので、汗をかいたら、こまめに、ハンカチや市販の汗ふきシートなどで拭き取るようにすることが、自分のためにも、他人のためにもエチケットになるのではないかと思います。

 

このエチケットは、多汗症の人に限った話ではありません。汗をかいたら拭き取り、臭いを押さえるのは、誰にでも当てはまるエチケットの基本です。汗を放置しておくと、汗と雑菌と皮脂が混ざりあい、その結果、悪臭を放つようになります。ですから、清潔にすることが重要なのです。

 

携帯用の汗ふきシートや、制汗剤、ロールオンタイプのものもあり、いろいろな種類のものが市販されています。ここで注意するのは、無香料のものを選ぶようにするということです。香料が入っていると、汗の臭いと混ざってしまい、逆に悪臭を放つようになってしまう可能性があるからです。

 

ここでは、多汗症に効果がある対策の話ではなく、予防、また、それに付随するエチケットに関する説明を記述してみました。多汗症対策をするためには、自分のためはもちろんですが、それだけではなく、回りの人に対するエチケットにも気を使うことで、マナーや余裕が生まれるようになると思います。ぜひ参考にしてみてください。

TOPへ