多汗症対策をする前に

多汗症対策をする前に、多汗症について詳しく知っておくことをおすすめします。そもそも、多汗症というのは、病気なのでしょうか?多汗症とは、ただ単に汗の量が人より多いだけで、痛みや痒みはありません。ましてや、命の危険性もないので、病気とは認識されにくいのが現状です。しかし、多汗症は、厚生労働省からも認定されていますし、保険も適用されますので、病気であることは間違いありません。

 

また、汗というのは、誰でもかく生理現象のひとつですが、自分では、そでが正常な汗なのか、多汗症の汗なのか、判断がつきにくいばかりか、医者であってさえ、多汗症という病気の認識をしてない人がいます。そのため、単なる気にし過ぎと言われてしまう可能性があります。

 

しかし、多汗症は、精神的なことが原因で起こる場合もあるので、放っておくと悪化する可能性があります。医者に行って診察をしてもらうことも、とても大切なことなのです。多汗症とは、ストレス、不安・緊張などと言った、精神性発汗が大きく関わっているものです。だいたい物心のつくあたりから思春期にかけて発症する場合が多いものです。しかし、原因はこれだけではなく、他の病気からきている場合もあるので、早めに受診することをおすすめします。

 

また、男女で多汗症になる人の差があるかどうかについてですが、今のところは明らかになってはいないようです。多汗症とは、思春期や環境の変化など、精神的に負荷がかかるような時期に発症するケースが多いようです。また、人前で何かしゃべるなど、緊張とストレスが重なると、手足や顔などに過度に汗をかいてしまったりする場合もあります。

TOPへ