多汗症の対策

多汗症の対策には、いろいろな治療方法や手術方法があります。しかし、どの方法をとっても、万人に効く方法はありません。なぜなら、多汗症における症状や原因に、個人差があるためです。自分に合った、適切な治療方法や手術方法を選択するためには、自分の多汗症の原因が何であるか探ることが必要になってきます。ストレスや緊張からくる精神的な発汗なのか、病気が原因でくる発汗なのか、あるいは、食生活などからくる発汗なのか、原因は様々あると思います。

 

また、手術をすると完治するという安心感を持つ人もいますが、手術をもってしても、除去したエクリン腺が残ってしまったり、再生してしまったりする可能性もあるため、必ず完全に完治するとは限りません。また、手術による副作用も無いとは言い切れません。その点は理解する必要があります。

 

どんな対策方法を選ぶにしても、自分がどこまでの効果を得たいのかで、治療法が変わってくると思います。焦らずによく考えて、じっくり選ぶようにしましょう。手術についてですが、多汗症は命に関わる病気ではないため、誰でも簡単に受けられると思われがちですが、手術ですから、当然、人によっては受けられないケースもあります。

 

手術が受けられないケースとしては、妊娠中の方、糖尿病、血友病、高血圧、手術を受けなくても治療できる人などが挙げられます。もちろん、この限りではありませんし、手術の種類によっては変わってくる可能性もありますが、事前に確認をした上で、手術を受けるようにしてください。

多汗症対策をする前に、多汗症について詳しく知っておくことをおすすめします。そもそも、多汗症というのは、病気なのでしょうか?多汗症とは、ただ単に汗の量が人より多いだけで、痛みや痒みはありません。ましてや、命の危険性もないので、病気とは認識されにくいのが現状です。しかし、多汗症は、厚生労働省からも認定されていますし、保険も適用されますので、病気であることは間違いありません。

 

また、汗というのは、誰でもかく生理現象のひとつですが、自分では、そでが正常な汗なのか、多汗症の汗なのか、判断がつきにくいばかりか、医者であってさえ、多汗症という病気の認識をしてない人がいます。そのため、単なる気にし過ぎと言われてしまう可能性があります。

 

しかし、多汗症は、精神的なことが原因で起こる場合もあるので、放っておくと悪化する可能性があります。医者に行って診察をしてもらうことも、とても大切なことなのです。多汗症とは、ストレス、不安・緊張などと言った、精神性発汗が大きく関わっているものです。だいたい物心のつくあたりから思春期にかけて発症する場合が多いものです。しかし、原因はこれだけではなく、他の病気からきている場合もあるので、早めに受診することをおすすめします。

 

また、男女で多汗症になる人の差があるかどうかについてですが、今のところは明らかになってはいないようです。多汗症とは、思春期や環境の変化など、精神的に負荷がかかるような時期に発症するケースが多いようです。また、人前で何かしゃべるなど、緊張とストレスが重なると、手足や顔などに過度に汗をかいてしまったりする場合もあります。

多汗症で悩んでいる方がその対策法を考えたとき、手術や治療をすることを決心した場合、費用について、どの程度かかるのかは、気になるところだと思います。多汗症というのは、厚生労働省から認定を受けている病気です。ですから、保険が適用されます。しかし、多汗症という診断をくだすのは医師ですので、場合によっては、保険適用外になる可能性もあります。

 

また、多汗症手術を行う際には、美容外科で手術する方が多いと思います。しかし、美容外科で手術する場合は、保険適用外となりますので、ご注意ください。ただし、美容外科でも、保険がきくところもあります。あらかじめ各病院に問い合わせてみてください。保険を使う場合ですが、場合によっては、家族や会社に知られる可能性もありますので、注意が必要です。他人に知られる可能性があるのか、知られたくない場合は、自由診療を行っているところもありますので、あらかじめ各病院に確認しておいた方が良いでしょう。

 

病院に行くとは行っても、多汗症の場合、何科に行くのが良いのでしょうか?自分がどういう症状で何科に行けばいいのか、判断つかないという場合、まずは、皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか?ただし、病院によっては、多汗症の認識を持っていなく、病気と診断されないというケースもあります。ですから、自分に合う医師を、気長に見つけるという気持ちで受診されることをおすすめします。

 

また、皮膚科以外では、病気が原因の場合は内科、ストレスや緊張など精神的なものが原因の場合は心療内科、精神科なども受診できます。ケースバイケースで判断して、受診してみてはいかがでしょうか。

多汗症とは、簡単に言うと、汗をたくさんかく人のことをいいます。季節を問わずたくさんの汗をかいてしまうため、臭いもかなり気になるところだと思います。汗をかいたら、なるべくすぐにシャワーを浴びるのが良いとは思いますが、それは現実的にはなかなか難しいことです。しかし、清潔さを保つことは大事だと思いますので、汗をかいたら、こまめに、ハンカチや市販の汗ふきシートなどで拭き取るようにすることが、自分のためにも、他人のためにもエチケットになるのではないかと思います。

 

このエチケットは、多汗症の人に限った話ではありません。汗をかいたら拭き取り、臭いを押さえるのは、誰にでも当てはまるエチケットの基本です。汗を放置しておくと、汗と雑菌と皮脂が混ざりあい、その結果、悪臭を放つようになります。ですから、清潔にすることが重要なのです。

 

携帯用の汗ふきシートや、制汗剤、ロールオンタイプのものもあり、いろいろな種類のものが市販されています。ここで注意するのは、無香料のものを選ぶようにするということです。香料が入っていると、汗の臭いと混ざってしまい、逆に悪臭を放つようになってしまう可能性があるからです。

 

ここでは、多汗症に効果がある対策の話ではなく、予防、また、それに付随するエチケットに関する説明を記述してみました。多汗症対策をするためには、自分のためはもちろんですが、それだけではなく、回りの人に対するエチケットにも気を使うことで、マナーや余裕が生まれるようになると思います。ぜひ参考にしてみてください。

TOPへ