多汗症とワキガの関係

多汗症の人は汗をたくさんかくから、同時にワキガにもなっているんじゃないかと心配する人も多いのではないでしょうか。多汗症もワキガも、どちらも汗に関する病気や症状なので、イコールに思われがちです。しかし、多汗症だからといって、必ずしもワキガではないですし、ワキガだからといって、多汗症ではないので、その点は理解しておいてください。

 

多汗症とワキガは、原因となる汗を分泌している汗腺が異なります。その点が二つの症状の大きな違いです。多汗症は、エクリン腺から分泌される汗で、過剰に分泌されることを指していて、一方のワキガは、アポクリン腺から分泌されている汗が原因となっています。ですから、多汗症対策をするとき、ワキガに効果的な対策を施しても、無意味な場合があります。

 

ただし、無関係とはいえ、多汗症の人にワキガの人が多いのは事実です。ワキガ+多汗症の場合、多汗症によって分泌される大量の汗と雑菌がまざりあい、より臭いが強くなるというケースがあります。ですから、対策法としては、まず清潔さを保つことが重要です。

 

汗をかいたときは、こまめに濡れたタオルや市販の汗拭きシートなどを使い、汗を拭き取るようにして、臭いを出さないような工夫をしましょう。また、多汗症の主な原因が、精神的なものからくるのであれば、リラックスを心がけたり、心療内科に通うなどして、対策をするなど、多汗症とワキガの両方の対策を実行するのが、より効果的な対策になるのではないかと思います。また、食生活の改善も効果があります。実行できるところから、少しずつ実行してみてはいかがでしょうか。

TOPへ