多汗症と汗っかき

自分が多汗症であると感じている方は、どのような対策をしたらいいのか分からないでしょうし、本当に悩むところだと思います。でも、ちょっと待ってください。あなたが多汗症と感じているだけで、本当は違うかもしれません。ただの汗っかきかもしれません。ここでは、多汗症と汗っかきの違いについて、説明してみたいと思います。

 

一言で言うのは難しいですが、具体的に違いをあげるとしたら、体温調節が元にあり、この体温調節を必要としない状況でも汗をかく場合は多汗症、暑さや体を動かしたなど、体温調節のために汗をかく場合は汗っかきと、判断することができます。

 

体温調節ですが、人間は、気温の暑さを感じたとき、スポーツしたとき、食事したときなど、体温が上昇します。この上がった体温を下げようとして、調節するために汗をかきます。こういった状況の場合は、汗っかきと言います。汗をかきやすい人の中には、肥満の人が挙げられます。肥満の人は、脂肪が多いため、体熱が外に放出されにくい傾向にあります。ですから、体温調節をするときには、より多くの汗をかいて体温調節をしようとします。

 

次に、汗をかきやすい人というと、運動を日常的にしている人が挙げられます。運動をしている人は、汗腺も鍛えていることになり、体温が上がると、汗をかくという体質になっています。ですから、少し体温が上がっただけで、汗をかいてしまうようになるのです。このように、汗っかきと多汗症には違いがあります。自分が該当するかどうか判断して、対策を講じるかどうか決めるようにしてください。

TOPへ