多汗症と水分摂取

多汗症そのものは、遺伝をするということはありません。ただし、多汗症の原因となる主な理由として、ストレスや緊張など、精神的なものが深く関わっているといわれています。つまり、性格が大きく関係していると言ってもいいと思います。従って、この性格が遺伝するということはあるので、結果的に、多汗症も引き継いでしまうということはあり得ることです。

 

こう書いてしまうと、性格が几帳面だから、神経質だから多汗症になってしまうのかと、不安に感じる方もいるかもしれません。多汗症の原因は、精神面からくるものだけではありません。ですから、必ずしも多汗症になるとは限りませんので安心してください。

 

多汗症対策のためにはどうすればいいのか、自分なりに考えたとき、水分を摂取し過ぎないようにすればいいと思う方がいるかもしれません。しかし、これは大きな間違いです。水分を少なく摂取したから汗が出なくなるというわけではありません。また、水分を多く摂取したから、汗が余計出るようになるわけではありません。

 

人間には、水分が必要です。ですから、水分を摂取しないというやり方は、決しておすすめできませんし、水分が汗として分泌されると言っても、水分量と比例しているわけではありません。過剰に摂取した水分は、尿として分泌されるようになっています。ですから、水分摂取量と多汗症の汗の量とは、関係がないと考えてもいいと思います。

 

多汗症対策として、水分量を調節するというのは、意味がないことです。ましてや、精神的なことが多汗症の原因だとしたら、水分量とは余計に関係がないと言うことになりますので、注意するようにしましょう。

TOPへ