多汗症の原因

多汗症の原因の一つとして、「ストレス」があげられます。この「ストレス」というのは、結構やっかいなものです。ストレスは、多汗症の原因になるだけではなく、様々な病気や症状の原因にも影響していると言われています。

 

多汗症は、緊張を感じたとき、不安を感じたとき、ストレスを感じたときなど、普通の人より汗が多く出てしまうという症状のことを言います。汗をかく場所は、だいたい、手のひらだったり、足の裏だったり、脇の下だったり、顔や頭部だったりします。あるいは、この場合は、ワキガの場合も多いと思います。

 

汗をかく量が多くなるケースとしては、お酒を飲んだときにも汗を多くかく可能性があります。このように、食生活も多汗症に関係していると言われています。多汗症になってしまう人の食生活の傾向としては、肉類や脂が多いものを好んで摂取している場合が多いとされています。

 

なぜこのように、食生活が多汗症に関係してくるのでしょうか。それは、体の体液が酸性になることによって、汗の臭いや体臭の臭いが強くなることが原因としてあげられます。体の体液が酸性になるのには、肉類、脂っこい食べ物、糖分が原因になるとされています。また、香辛料を摂取することにより、汗腺を刺激するため、多汗症の元になるというケースもあります。

 

さらに、毛深い人も、多汗症になりやすい傾向がみられます。どちらにしても、汗腺が刺激されることが、多汗症の原因になっているということです。このように、ストレスや食生活によって多汗症の原因になってしまうことがあります。多汗症の対策のためには、こういった原因になるようなことを少しずつ解消していくのが近道になると思います。

TOPへ