多汗症とは?

多汗症とは、エクリン腺という、人間の汗腺の中にある腺から、通常以上の汗を出してしまう症状、病気、体質のことを言います。多汗症には、全身から汗をかいてしまう全身性多汗症、顔、頭部、手のひら、脇のように、局所的に特に汗を多くかいてしまう局所性多汗症があります。多汗症と一言に言っても、人間は、誰しも汗をかくものです。今自分が出している汗が、正常な汗なのか、多汗症の汗なのか、見極めることは普通、困難ではないかと思います。

 

どういった状態の人が多汗症なのかと言うと、それも個人差があるので、なんとも言えません。手のひらを例にあげてみても、ちょっと汗ばむ程度から、したたり落ちるくらいに汗をかくまで、人によって様々だと思います。症状と言うより、むしろ汗をかく「原因」の方に、多汗症かどうかの鍵があるようです。

 

また、多汗症の人が汗をかく場所は、主に顔全体、頭部、手のひら、足の裏、脇などが挙げられます。多汗症の原因には、ストレス、不安、緊張など精神的なもの、食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが挙げられます。症状としては、暑くもないのに汗をかいてしまう、目上の人と握手をするときに汗をかいてしまう、本を読んでいると触っているページが濡れてしまうといったことが挙げられます。

 

多汗症はあまり一般的でなく、他人からしてみれば、ただの汗っかきにしか見えず、本人はかなり悩んでいるというケースが多々あるようです。多汗症をよく理解して、適正な対策ができるようにしましょう。

TOPへ