多汗症の基礎知識

多汗症とは、エクリン腺という、人間の汗腺の中にある腺から、通常以上の汗を出してしまう症状、病気、体質のことを言います。多汗症には、全身から汗をかいてしまう全身性多汗症、顔、頭部、手のひら、脇のように、局所的に特に汗を多くかいてしまう局所性多汗症があります。多汗症と一言に言っても、人間は、誰しも汗をかくものです。今自分が出している汗が、正常な汗なのか、多汗症の汗なのか、見極めることは普通、困難ではないかと思います。

 

どういった状態の人が多汗症なのかと言うと、それも個人差があるので、なんとも言えません。手のひらを例にあげてみても、ちょっと汗ばむ程度から、したたり落ちるくらいに汗をかくまで、人によって様々だと思います。症状と言うより、むしろ汗をかく「原因」の方に、多汗症かどうかの鍵があるようです。

 

また、多汗症の人が汗をかく場所は、主に顔全体、頭部、手のひら、足の裏、脇などが挙げられます。多汗症の原因には、ストレス、不安、緊張など精神的なもの、食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが挙げられます。症状としては、暑くもないのに汗をかいてしまう、目上の人と握手をするときに汗をかいてしまう、本を読んでいると触っているページが濡れてしまうといったことが挙げられます。

 

多汗症はあまり一般的でなく、他人からしてみれば、ただの汗っかきにしか見えず、本人はかなり悩んでいるというケースが多々あるようです。多汗症をよく理解して、適正な対策ができるようにしましょう。

多汗症の原因の一つとして、「ストレス」があげられます。この「ストレス」というのは、結構やっかいなものです。ストレスは、多汗症の原因になるだけではなく、様々な病気や症状の原因にも影響していると言われています。

 

多汗症は、緊張を感じたとき、不安を感じたとき、ストレスを感じたときなど、普通の人より汗が多く出てしまうという症状のことを言います。汗をかく場所は、だいたい、手のひらだったり、足の裏だったり、脇の下だったり、顔や頭部だったりします。あるいは、この場合は、ワキガの場合も多いと思います。

 

汗をかく量が多くなるケースとしては、お酒を飲んだときにも汗を多くかく可能性があります。このように、食生活も多汗症に関係していると言われています。多汗症になってしまう人の食生活の傾向としては、肉類や脂が多いものを好んで摂取している場合が多いとされています。

 

なぜこのように、食生活が多汗症に関係してくるのでしょうか。それは、体の体液が酸性になることによって、汗の臭いや体臭の臭いが強くなることが原因としてあげられます。体の体液が酸性になるのには、肉類、脂っこい食べ物、糖分が原因になるとされています。また、香辛料を摂取することにより、汗腺を刺激するため、多汗症の元になるというケースもあります。

 

さらに、毛深い人も、多汗症になりやすい傾向がみられます。どちらにしても、汗腺が刺激されることが、多汗症の原因になっているということです。このように、ストレスや食生活によって多汗症の原因になってしまうことがあります。多汗症の対策のためには、こういった原因になるようなことを少しずつ解消していくのが近道になると思います。

自分が多汗症かもしれないと感じている人は、ちょっとしたことで汗が出てきてしまったり、汗をかきたくないのにかいてしまったりと、汗に関して、大きな悩みを抱えていることと思います。

 

汗が出るのではないかと緊張したり、ストレスを感じたりしてしまうと、逆に余計に汗をかいてしまう原因になってしまうということもあるのです。通常は、こんなことで汗をかかないだろうと思うようなちょっとしたことでも、多汗症の人は汗をかいてしまったりします。本当に困ったことだと思います。何か多汗症の対策をしたいと思っても、何からどうしたらいいかも、また悩みの種になると思います。多汗症の人は、他人にはわからないくらい、深刻な悩みを抱えている場合が多いと言えるでしょう。

 

多汗症の人の悩みとして挙げられるのは、汗だけではなく、臭いも悩みになってくると思います。特に、脇の下に汗をかいてしまうと、シャツなど着ているものが黄色く変色してきて、強い臭いの原因になったりしてしまったりすることがあります。

 

多汗症という言葉の認知度は、それほど高くないため、病気として扱う人は少ないかもしれませんが、保険が適用されるなど、きちんと病気として認められている症状なのです。しかし、汗をかく量が多いという症状なので、他の人からは分かりにくいこと、また、命に関わるような深刻な病気ではないので、それほど深刻に心配する必要もなく、本人にとっては、逆に相談する相手もいなくて、悩みの種になってしまい、精神的に辛くなるという方も多いようです。

 

多汗症の原因は、明らかにはなっていないのが現状ですが、誰でもなる可能性がある病気として、認識しておいておいたほうがいい病気であると言えます。

多汗症の人は、体、脇、手のひら、足など、様々なところに多くの汗をかきます。あるいは、多汗症の人の中には、特に顔に多く汗をかく多汗症という方もいらっしゃいます。顔に汗をかいてしまうと、特に女性の場合、化粧が落ちてしまったり、他の人に見られると恥ずかしかったりするものだと思います。それを他人に指摘されると、余計緊張してしまって、汗をかいてしまうという結果にもなりかねません。特に、夏の暑い日などは、汗をかくのが嫌で、外に出ないなんて人もいるかもしれません。

 

そういう夏の暑いとき、緊張してしまったとき、スポーツをするなど体を動かしたときなど、顔に汗をかいてしまって困ったときに、一時的ではありますが、顔や頭部の汗を抑える方法があります。その方法とは、半側発汗という方法です。これは具体的に、どういう方法かというと、皮膚圧反射という方法を使います。特徴としては、体の一部を圧迫することによって、圧迫されている側の汗の量が減り、逆側の汗の量が増えるということです。

 

例えば、胸の乳首の周り(乳輪あたり)を紐などで強く圧迫します。そうすると、上半身が圧迫されますので、顔などから汗が減り、逆に下半身の汗の量が増えるということになります。この方法は、汗の量を別な場所に移動するという方法ですので、根本的な多汗症対策にはならないと思いますが、とりあえず、顔の汗を減らすということはできると思います。一時的でも顔に汗をかくのが困るという方は、是非試してみてはいかがでしょうか?覚えておくと便利な知識だと思いますので、対策としてぜひ取り入れてみてください。

多汗症そのものは、遺伝をするということはありません。ただし、多汗症の原因となる主な理由として、ストレスや緊張など、精神的なものが深く関わっているといわれています。つまり、性格が大きく関係していると言ってもいいと思います。従って、この性格が遺伝するということはあるので、結果的に、多汗症も引き継いでしまうということはあり得ることです。

 

こう書いてしまうと、性格が几帳面だから、神経質だから多汗症になってしまうのかと、不安に感じる方もいるかもしれません。多汗症の原因は、精神面からくるものだけではありません。ですから、必ずしも多汗症になるとは限りませんので安心してください。

 

多汗症対策のためにはどうすればいいのか、自分なりに考えたとき、水分を摂取し過ぎないようにすればいいと思う方がいるかもしれません。しかし、これは大きな間違いです。水分を少なく摂取したから汗が出なくなるというわけではありません。また、水分を多く摂取したから、汗が余計出るようになるわけではありません。

 

人間には、水分が必要です。ですから、水分を摂取しないというやり方は、決しておすすめできませんし、水分が汗として分泌されると言っても、水分量と比例しているわけではありません。過剰に摂取した水分は、尿として分泌されるようになっています。ですから、水分摂取量と多汗症の汗の量とは、関係がないと考えてもいいと思います。

 

多汗症対策として、水分量を調節するというのは、意味がないことです。ましてや、精神的なことが多汗症の原因だとしたら、水分量とは余計に関係がないと言うことになりますので、注意するようにしましょう。

自分が多汗症であると感じている方は、どのような対策をしたらいいのか分からないでしょうし、本当に悩むところだと思います。でも、ちょっと待ってください。あなたが多汗症と感じているだけで、本当は違うかもしれません。ただの汗っかきかもしれません。ここでは、多汗症と汗っかきの違いについて、説明してみたいと思います。

 

一言で言うのは難しいですが、具体的に違いをあげるとしたら、体温調節が元にあり、この体温調節を必要としない状況でも汗をかく場合は多汗症、暑さや体を動かしたなど、体温調節のために汗をかく場合は汗っかきと、判断することができます。

 

体温調節ですが、人間は、気温の暑さを感じたとき、スポーツしたとき、食事したときなど、体温が上昇します。この上がった体温を下げようとして、調節するために汗をかきます。こういった状況の場合は、汗っかきと言います。汗をかきやすい人の中には、肥満の人が挙げられます。肥満の人は、脂肪が多いため、体熱が外に放出されにくい傾向にあります。ですから、体温調節をするときには、より多くの汗をかいて体温調節をしようとします。

 

次に、汗をかきやすい人というと、運動を日常的にしている人が挙げられます。運動をしている人は、汗腺も鍛えていることになり、体温が上がると、汗をかくという体質になっています。ですから、少し体温が上がっただけで、汗をかいてしまうようになるのです。このように、汗っかきと多汗症には違いがあります。自分が該当するかどうか判断して、対策を講じるかどうか決めるようにしてください。

多汗症の人は汗をたくさんかくから、同時にワキガにもなっているんじゃないかと心配する人も多いのではないでしょうか。多汗症もワキガも、どちらも汗に関する病気や症状なので、イコールに思われがちです。しかし、多汗症だからといって、必ずしもワキガではないですし、ワキガだからといって、多汗症ではないので、その点は理解しておいてください。

 

多汗症とワキガは、原因となる汗を分泌している汗腺が異なります。その点が二つの症状の大きな違いです。多汗症は、エクリン腺から分泌される汗で、過剰に分泌されることを指していて、一方のワキガは、アポクリン腺から分泌されている汗が原因となっています。ですから、多汗症対策をするとき、ワキガに効果的な対策を施しても、無意味な場合があります。

 

ただし、無関係とはいえ、多汗症の人にワキガの人が多いのは事実です。ワキガ+多汗症の場合、多汗症によって分泌される大量の汗と雑菌がまざりあい、より臭いが強くなるというケースがあります。ですから、対策法としては、まず清潔さを保つことが重要です。

 

汗をかいたときは、こまめに濡れたタオルや市販の汗拭きシートなどを使い、汗を拭き取るようにして、臭いを出さないような工夫をしましょう。また、多汗症の主な原因が、精神的なものからくるのであれば、リラックスを心がけたり、心療内科に通うなどして、対策をするなど、多汗症とワキガの両方の対策を実行するのが、より効果的な対策になるのではないかと思います。また、食生活の改善も効果があります。実行できるところから、少しずつ実行してみてはいかがでしょうか。

TOPへ